まずはネトゲのフレンド登録からでいいですか? 「ヲタクに恋は難しい」10話

ねとらぼ / 2018年6月15日 1時40分

写真

「ヲタクに恋は難しい」 (C)ふじた/一迅社

 趣味人には好きなものがたくさんある。それが足を引っ張ることもあれば、趣味人だから人とつながるものもある。

 「ヲタクに恋は難しい」は、好きなものがある人間たちの、恋なのかなんなのかわからないモヤっとした感情を描いたラブコメディ。ヲタクのみならず、いろんな若い人の背中を押してくれます。

●きみと友達になりたいんだ

 今回は二藤宏嵩の弟の二藤尚哉の話。ハードコアゲーマーな宏嵩に対して、尚哉はゲームを一切やってきていない。宏嵩が友達を作らないデリカシーひかえめ(?)人間なのに対して、尚哉は物腰やわらかく社交的で素直で優しい。なんとも似ていない兄弟です。

 尚哉が今回声をかけたのは、同じ大学の桜城光(こう)。女の子ですが、尚哉は気づいていません。

 尚哉と光の関係は、「非ヲタ」と「ヲタク」の差が如実に出ている、この作品では珍しいパターン。しかも宏嵩や、彼の恋人の桃瀬成海はまだコミュニケーション能力があるからまあまあやっているものの、光はガチガチのコミュ障。公式によると、尚哉はコミュ力10としたら、光のコミュ力は1。住むところが違うと思ってしまっても仕方ない。

 なので、光は語尾に「すみません」を付けがち。自信がないから、自分を下げてしまっている。

 大学の尚哉の友人は「一人が平気なタイプ」と彼女のことを称していました。でも彼は見抜きます。そんなことはない。ゲームにのめりこんで友人を作らなかった兄を見てきているから、この点は鋭い。

 とっさに口にしたのは「きみと友達になりたいんだ!」という言葉。

 尚哉のすごいところは、これが押し付けの親切じゃなくて、心からの言葉だということ。彼女にあわせて、苦手なゲームにもすんなり付き合う。天使か。

 一方光は、友達という感覚がわからないから、彼の申し出を「フレンド申請」だと考える。「フォロー」とか「同僚申請」とか「ギルド加入」とか、オンラインでのつながりが最初の一歩だという感覚が当たり前になっている。尚哉がこのワンクッションをわかっていないのは、友達になるのに順序がある、と考えたことがないからだと思う。

●人は思っているほど怒っていない

 協力するタイプのゲーム世界だと、自分が弱い場合、足を引っ張っていると心が痛みがち。尚哉は初心者な上、壊滅的にゲームのセンスがないため、本当にうまくいかない。普段はコミュニケーション上手な彼も、ゲーム内では上級者の光に対して「ごめんなさい」の連発。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング