月収100万円を稼ぐ女子大生のお仕事って?

ねとらぼ / 2019年3月26日 11時19分

写真

調査結果のまとめ

 女子大学生のアルバイトと収入は多様化しており、中には月収100万円を稼ぎ出す人もいるのだそうです。そんな女子大生のお仕事事情とは──?

 これは、女子大生マーケティングを手がけるKIRINZが、都内46大学の女子大生500人を対象に、2月15日~3月1日にアンケート調査した結果をまとめたものです。

 それによると、アルバイトの時給は「1000円~1199 円」が約5割を占めてトップ。次いで「1200円~1399円」で、約2割でした。

 月収にすると、「7万1000円~8万円」が約2割で最多。次いで「8万1000円~9万円」、「6万1000円~7万円」 と、週3~4のペースで働いて月収6万~9万円──が多いようです。

 月に20万円以上稼ぐという強者も少数ながらいます。100万円以上稼ぐという人の場合、芸能の仕事をしながらInstagramなどのSNSでインフルエンサーとしてPRの仕事をしたり、ライブ配信などで稼いだり──といった具合なのだそうです。

 バイト先の1位は「飲食店」ですが、一方で、100万円女子大生のように“投げ銭”機能がついたライブ動画配信アプリで稼いだり、SNSなどの広告用撮影モデルで活躍する人もいるなど、「大学生のお金の稼ぎ方も多様化している」(調査をまとめたKIRINZ)ことが分かったといいます。

 アルバイトを始める理由はやはり「お小遣いを稼ぐため」が最多。選ぶ基準は「時給」「楽しさ・人間関係・環境」「場所」という順でした。「パパ活」は2%が経験アリですが、批判的な意見が目立ったということです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング