不倫相手に7年間撮られ続けた60歳女性 心配するのは「リベンジポルノ」じゃなくて「いくらもらえるか」なの!? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト

ねとらぼ / 2019年6月17日 11時15分

写真

「テレフォン人生相談」ハイライト。7年間にわたる不倫相手に別れを告げた相談者……でもなんか危機感が薄いぞ!?

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月~金曜11時~ 配信)先週のハイライト。

 6月16日に開催された「テレフォン人生相談」初のトークイベントに参加してきました。生の加藤諦三、今井通子、大原敬子、そして那須恵理子による生ナレーションに感動! 話も興味深いものばかりだったんですが、一番驚いたのが、

 「(相談が)15分でまとまるわけがない、やらせじゃないかってよく言われますけど、相談は毎回1時間近くやっているんですよ」

 という発言。会場中がザワついていました。編集しているんだろうなとは思っていましたが、ここまでじっくり相談にのっていたとは……(完全版を聴きたい!)。今後の「テレフォン人生相談」の聴き方が変わりそうです。

 ……ということで先週のハイライト。今回ピックアップしたのは6月13日(木)放送の今井通子パーソナリティ回。7年間、W不倫を続けてきた相手に「ホテルへ行くたびに盗撮されていた」という相談。

●カメラ3台+スマホで撮られていて「盗撮」もないだろう

 相談者は60歳女性。夫は66歳。すでに自立した息子がふたりいる。不倫相手は小中高と同級生だった60歳の男性。その妻は58歳。子どもがふたり、孫もふたりいるという。

 別れた不倫相手が行為を盗撮した動画を持っているという相談。普通だったら「何とかして消させたい」という話になりそうだが、この相談者、ちょっとズレている。

 そもそも盗撮だと主張してはいるものの、毎回カメラ3台を三脚で設置し、その上スマホで「部分的な写真」まで撮影していたという。隠しカメラで撮られていたとか、スマホでチョロッと撮られてしまったというのなら分かるが、3カメ+スマホに気付かないわがけない。「盗撮」と主張するには無理がありすぎるよ!

 さらに相談者は、不倫相手から積極的にアプローチされたため「渋々会っていた」ものの、「最初からずっと好きではなかった」と言っている。しかし、その「渋々」が7年間継続しているのだ。いくらなんでも長すぎるだろう。

 そして、3カ月間前に突然「ずっと好きではなく付き合っていたこと」「盗撮されていたこと」などから、「自分がみじめになった」ため、相談者の方から別れを切り出したという。

 それでも相談者は「盗撮されていた」不満が収まらなかったようで、「警察へ行く」とLINEを送ったところ、不倫相手から「償わせてください」との返事が。どうもこの「償わせてください」という言葉に引っかかっているようなのだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング