ベースは「アル・ヴェル」 光岡自動車が新型霊柩車「プレミアムフュージョン」発売

ねとらぼ / 2019年8月20日 13時16分

写真

光岡自動車の新型霊柩車「プレミアムフュージョン(アルファードベース)」

 光岡自動車が新型霊柩車「プレミアムフュージョン」を発表。2019年8月20日に発売しました。

 プレミアムフュージョンは従来モデル「フュージョン」シリーズの上級モデルとして展開。昨今の葬祭業界の人手不足を補うべく、霊柩車だけでなく、搬送車としても活用できる1台2役の機能を備えます。

 従来のモデルと比べて棺室内の機能性を拡張し、室内装飾の高級感を向上させました。室内装飾に使用するレザーや木目調パネルの種類や色を変更して、雰囲気を自由に変更できる他、棺室内に葬儀業者が使用する道具や装備などを収納するラックなどもオプションで装着できます。

 一般的に霊柩車室内の装飾デザイン選択が可能な例は少なく、これらはカーライフエンターテインメントを信条とするという同社ならではの特徴だとしています。

 車両はトヨタ「アルファード」か「ヴェルファイア」ベース。外観は「KIZASHI(キザシ)」と呼ぶ近未来風ランドボー(霊柩車の側面に装着されるS字型の金具)を標準装備。車体もゴールドのラインを描き、上質さ、プレミアムさを感じるデザインです。

 乗車定員は3人。グレードはFFの「2.5X」と4WDの「2.5X 4WD」の2つ。ボディーサイズは4945(全長)×1850(幅)×1935(高さ)ミリ。価格は2.5Xが537万8400円(税込、以下同)から、2.5X 4WDが563万7600円からです。プレミアムフュージョンは2019年8月20~22日まで東京ビッグサイトで開催される終活イベント「エンディング産業展 2019」にて展示予定です。

(カナブンさん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング