東京五輪延期、4連休がなくなる可能性「ゼロではない」 内閣府に取材「これから調整・検討していく」

ねとらぼ / 2020年3月25日 14時31分

写真

4連休はどうなる?

 3月24日、安倍総理とIOCバッハ会長の間で、東京オリンピック・パラリンピックの開催をおおむね1年程度延期する方針で合意がなされました。関連して、Twitterでは「国民の祝日はどうなるのか?」という疑問が噴出しています。

 2020年の祝日は大会スケジュールにあわせて変則的な形で設定されており、開会式が計画されていた7月23日から7月26日は4連休となっています。オリンピックとは無関係に、旅行のような予定を検討していた方もいるでしょう。

 内閣府は取材に対し「今後、国民の祝日が変更になる可能性はゼロではない」と回答しました。

 7月24日から開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックにあわせ、「海の日」が7月20日(第3月曜日)から7月23日に、スポーツの日が10月12日から7月24日に移動するなど、変則的に設定されている2020年の国民の祝日。

 開催延期は決定的となりましたが、大会のために組まれていた連休はどうなるのでしょうか。内閣府は「これから調整・検討を行っていく」「まだ何ともいえない段階だが、変更になる可能性もゼロではない」と回答しています。

 2020年の特殊な祝日は「平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法」により、「国民の祝日に関する法律」の特例が設けられたもの。本当に祝日の日程は変更されるのか、発表時期は現段階で未定です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング