編集者たちがマジ大喜利 ハッシュタグ「ジブリで学ぶ編集」でジブリの名シーンが締め切り地獄に

ねとらぼ / 2020年9月26日 17時50分

写真

ジブリ作品の場面画像が提供され大喜利が開催

 9月19日にスタジオジブリが同社の作品の場面写真を提供開始したことで、Twitterではハッシュタグ「#ジブリで学ぶ〇〇」が流行しました。「〇〇」には「主婦業」「TDR」といった単語が入り、ジブリの名場面を使用し趣味や仕事を面白おかしく説明する大喜利が盛り上がっています。

 さまざまな関連ハッシュタグが誕生する中、今度は「#ジブリで学ぶ編集」がにわかに注目を集めているようです。

 出版、漫画、Webメディアなど、さまざまな業界の「編集者」がハッシュタグ「#ジブリで学ぶ編集」を付けて“あるあるネタ”を投稿しています。

 作家さんとのやりとりのドタバタや、ありがちなミスに関する自虐まで、ジブリの名場面が締め切りに追われる胃が痛い空間に変貌しています。ヒィィィイ!

 大喜利の画像として使われている作品も注目したいポイント。例えば「#ジブリで学ぶ主婦業」では、一児の母である「湯婆婆」が登場する「千と千尋の神隠し」が特に人気でしたが、このハッシュタグでは「風立ちぬ」が多く使われているようです。

 スタジオジブリの場面写真は公式サイトにてダウンロードが可能。一覧にない作品や画像は利用許可が下りていないため注意が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング