「美味しいとは言えません」 とあるスーパーの“正直すぎるコメント”に「好き」「逆に買いたくなる」と反響

ねとらぼ / 2020年10月17日 18時33分

写真

本当に正直だった……!(画像提供:@tsujimeshiさん)

 ディスカウントスーパーマーケットの「オーケー」が実施している「オネスト(正直)カード」が、Twitterで「オネストすぎる」と話題になっています。思った以上に正直だった……!

 同スーパーが、正直な商品情報を伝えるために掲示しているもので、今回話題になったのは「生さんま」についてのカード。今後も不漁が続く見通しだとして、「身は小ぶりで脂も少なく、美味しいとは言えませんが、旬の味覚ということで販売しております」と、味についても包み隠さず教えています。

 Twitterユーザーのよく手を洗うツジメシさんがカードの写真とともに投稿すると、「正直で好き」「さすがオーケー」「思わず買いたくなるw」と好感を覚える人の声が上がり話題に。中にはこの情報を参考に、食べ方を工夫しようとする人の声もみられました。

 この“正直すぎる施策”はどのように生まれたのでしょうか? 編集部の取材に対しオーケー社は「私たち従業員が、家族と一緒にオーケーで買い物をする時、そっと家族に教えるような商品情報は、お客様にも是非お知らせしなくては、と考えて始めたものです」とコメントしています。

 過去のオネストカードでは「○月○日から発泡酒が値下げになります。お急ぎでなければ、○月○日までお待ちください」といった内容も伝えており、店側が知った情報をユーザーにも共有してくれていると、同スーパーの利用者からは好評なようです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング