鈴木愛理、『鬼滅の刃』禰豆子を現代風アレンジ 全国の善逸がラブコール「あいりちゃんんんんんんんんんん」

ねとらぼ / 2020年10月29日 15時5分

写真

禰豆子ポーズで(画像は鈴木愛理公式Instagramから)

 歌手の鈴木愛理さんが10月29日、『鬼滅の刃』の登場人物、竈門禰豆子“風”メイクに挑戦した際の動画をInstagramで公開。ファッション誌『マキア』の企画で、キャラになりきるコスプレではなく「禰豆子ちゃんの色味のメイク」と現代風にアレンジしていますが、口にした竹のせいで「喋りづらい」と苦戦する鈴木さんへ日頃の滑舌を知るファンも「いつもより、ふがふがしてる」と納得しています。

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の記録的ヒットが話題になる中、自身もお気に入りの人気キャラをイメージした企画とあって「大好きな人の歌を歌うのに抵抗があるのと同じで、大好きなキャラのメイクをしてもらうのもドキドキしました」と撮影中は気が気でなかったと告白した鈴木さん。しかし動画では緊張するそぶりも見せず、鬼の禰豆子らしくキリッとした表情でポーズをとる姿が様になっています。

 アレンジ企画ということで衣装はピンク色のふんわりとしたワンピースがチョイスされ、ヘアも現代風。ピンポイントで忠実に再現された口元の竹に「喋りづらいね」と苦笑い。歌は達者なのに、トークとなった途端に露呈する滑舌の残念ぶりは℃-ute時代から自身もネタにするところとあって、ファンからは格好のツッコミの的に。

 ふがふがした笑い声や「ありがとうございます!」の聞き取りにくさへ「いつもより、ふがふがしてる」といった感想や「竹くわえたら聴きとるの不可能じゃ…」と恐れるファンも。竹のおかげで「これなら滑舌バレないね」と愛あるコメントが数々投稿されています。ふがふが愛理かわいいよ愛理。

 「本気の鬼滅コスプレもいつかしてみたいぜ」とフラグを立てた鈴木さんを「似合うと思う」「ガチのコスプレも待ってます」とファンも後押し。映画のヒットもあり実写版キャスティング議論が至るところで話題になっている世相を反映し「実写禰豆子にぴたり」「大人になった禰豆子」と鈴木さんを推す声も聞かれています。

 ℃-ute時代のメンバーカラーも同じ色だったことから「ピンクが似合いすぎる」との声も。キャラになりきり「あいりちゃんんんんんんんんんん(善逸風)」「ねずこちゃああああん(善逸風)」「確かに『ねずこぉぉぉぉぉ~!』と叫ばずにはいられない」ととにかく絶叫するファンが数多く見られました。愛がやかましい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング