家電、クルマ、PCにも……Amazon Alexaの勢いは2018年も続きそう

ITmedia PC USER / 2018年1月14日 6時30分

写真

GEのAlexa対応スマートライト「GE Lighting C」

 毎年1月に米ラスベガスで開催される世界最大規模のテクノロジートレードショーと言えば「CES」。その年のIT業界トレンドが分かるイベントとして注目されていますが、CES 2018でのAmazon Alexaさん(Amazon.comのAI音声アシスタント)のユビキタスっぷりには、目を見張るものがありました。

 ブースの派手さではGoogleアシスタントに負けていたようですが、会場の至るところに「Alexa使えるよ」ステッカー付きの物体が展示されていました。

 CESの期間中に、スマートスピーカーはもちろんのこと、ヘッドフォンにも、洗濯機にも、電子レンジにも、ルーターにも、クルマにも、そしてCortanaがいるというのにWindows 10デバイスにも、Alexaが導入されることが会場のあちこちのブースで紹介されていました。

 家電メーカーのWhirlpoolのように、AlexaとGoogleアシスタントの両方を使えるようにしているメーカーもありますが、対応製品はAlexaの方が圧倒的に多いのが現状です。

 Googleによると、Googleアシスタント対応製品は225のブランドから1500点以上出るそうですが、Alexaは1200以上のブランドから4000点以上の対応製品が出るそうです。

 スマートスピーカーでAIアシスタント対応製品の市場を切り開いたのはAmazonだとはいえ、AI研究ではGoogleが世界トップクラスです。この数の差は何なのでしょう。

 そのヒントになる話が米Wiredに載っていました。AmazonのAlexa関連部門を取材した記事です。

 この記事によると、Amazonが2014年に最初のAlexa製品を発売したときは、Amazon自身も軽い実験のつもりだったけれど、予想外に売れたのでここに勝機ありと踏んで、Alexaユビキタスプロジェクト(勝手に命名)を立ち上げました。

 その段階でもう、ユビキタスにするには自分たちだけじゃ無理と考えて「Alexa Voice Services(AVS)」という部門を立ち上げ、Alexaを搭載してもらうハードウェアメーカー向け開発キットを用意しました。

 どうすればAIの知識がない家電やガジェットのメーカーにAlexaを採用してもらえるかがんばって考えつつ、使いやすい開発キットや分かりやすいマニュアル、チップセットなどを用意したのです。さすがにハードウェアは有料(既存の「Synaptics 4-Mic開発キット」は349ドル)ですが、Appleのような有料のデベロッパー登録は必要ありません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia PC USER

トピックスRSS

ランキング