Internet Explorerは意外にしぶとい Windowsデフォルトブラウザの功罪

ITmedia PC USER / 2018年9月15日 7時0分

写真

Windows 10のデフォルトブラウザといえば「Microsoft Edge」

 Windows 10には「Microsoft Edge」と「Internet Explorer(IE) 11」という2つのWebブラウザが搭載されている。OSのデフォルトブラウザは、Web標準の仕様に合わせた新しいEdgeの方だが、当面はレガシーな利用環境にも対応する必要があるため、IEも用意しているわけだ。

 Windows 10では、古い技術で構築された既存のWebアプリケーションとの後方互換性を保つため、IE8時代のコンテンツを極力忠実にIE11で再現する「エンタープライズモード」を備えており、Edgeでうまく表示できない場合にIE11でサポートする二段構えになっている。

 一方で、旧来のWebアプリケーションをIE11頼みで利用し続ける状況は、Microsoftにとってもユーザーにとっても好ましくない。実際、古いIE環境が対象となる脆弱(ぜいじゃく)性の報告が続いており、Microsoftのサポートの負担もさることながら、ユーザーもリスクを抱え続けることになるからだ。

●明言されないIEのサポート終了時期

 7月18日には、日本マイクロソフトのEdge/IEサポートチームが、Windows 10のユーザーを対象に、IEからEdgeへの移行計画を進める必要性をあらためて訴える「Internet Explorerの今後について」という記事をブログに公開し、話題となった。

 この記事で同社は「Internet Explorerはいつまでサポートが提供されるのか? など、将来の予定についてお問い合わせをいただいたとしても、大変恐縮ですが回答することはできません」と苦しい回答をしつつ、「世の中の大きな流れとして、Webブラウザという観点では相互運用性を保ちつつも、最新のWeb標準の技術を取り入れる方向性となっている」と、レガシーなIEからモダンなEdgeに移行すべき理由を述べている。

 Microsoftの本音としては、IE11を利用できる環境の最大勢力であるWindows 7の延長サポートが終了する2020年1月を機に、すぐにでもIEのサポートを終了したいところだろう。しかし、同じくIE11を搭載するWindows 10のサポート終了タイミングが明示されていない現状では、直接的なコメントを出せない状況に陥っている。

 サポート期間が短いとバッシングされ、仮に長い期間を指定すると、サポート終了直前までユーザーがIE11を使い続けるため移行が進まない。結果として「時期は明示しないけど早めに移行してください」という微妙なコメントを出さざるを得なくなる。

ITmedia PC USER

トピックスRSS

ランキング