Appleは「iPhoneの価値」をさらに高められるか 新サービス発表の狙い

ITmedia PC USER / 2019年3月26日 15時4分

写真

うわさされていた動画定額サービスを「Apple TV+」の名で発表する米Appleのティム・クックCEO。サービスは2019年秋に開始予定

 3月25日(現地時間)に米Apple本社の「Steve Jobs Theater」で行われた発表会は、表面的にみればApple製品を取り巻く多様なサービスの強化、あるいは新サービスの追加に他ならない。それぞれの内容については、Apple自身が発信しているWebページを見れば明らかだ。

●性能でも機能でもない「体験の演出」

 いずれにも感銘を受ける部分はあるが、現地での取材を通じて感じたのは、それぞれのサービスが優れていることや、それぞれのジャンルに大きな投資をAppleが行っているということ、それにプライバシーを守っているという近年の主張だけではない。それらは最低限、Appleが守りながら事業を進めているルールであって目標ではない。

 では、Appleの目標とは何だろうか。

 それは、Appleが製品を通じて得られる体験を最高のものにするために、ハードウェアだけでなく、ハードウェアを取り巻くサービスの枠組みと、そこで提供されるコンテンツの質を引き上げることだ。

 発表されたサービスは、英語圏で開始されていたニュース配信サービス「Apple News」を強化し、300超の雑誌を定額で読めるようにした「Apple News+」、iPhoneの利用を前提とした次世代クレジットカード「Apple Card」、定額でゲームを遊べるようApple自身がゲームパブリッシャーとなる「Apple Arcade」、「Apple TV」のアプリ化とMac対応、それにハリウッドの一流クリエイターを起用して映画、テレビ番組、ドキュメンタリなどを制作・配信する「Apple TV+」となる。

 いずれも今後、Appleの重要な収益源になっていく可能性があるが、何よりも優先されているのは、iOSデバイスやMacに質の高いコンテンツや体験を提供することにある。

●古くて新しい「スペックではなく体験」を引き上げるという取り組み

 iPhoneのようなスマートフォンだけでの話ではなく、パソコンも含め、何らかのコンテンツを楽しむためのデバイスにとって重要なのは、スペックでも機能でもなく、そのハードウェアで得られるコンテンツの体験だ。

 このテーマは実に「古臭い」ものであるが、昔から一貫して言われ続けているにもかかわらず、定期的に浮上してくるテーマでもある。どんなジャンルの製品であれ、家庭で何らかのコンテンツを楽しむハードウェアでは繰り返されてきたテーマだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング