アイ・オー、ゲーム動画配信にも向くUSB外付けHDMIキャプチャーデバイス

ITmedia PC USER / 2019年5月22日 15時53分

写真

GV-US2C/HD

 アイ・オー・データ機器は5月22日、USB接続対応の外付け型HDMIキャプチャーデバイス「GV-US2C/HD」を発表、6月下旬に出荷を開始する。価格は2万3200円(税別)。

 USB 2.0接続に対応したキャプチャーデバイスで、ハードウェアエンコーダーを内蔵しておりPC接続での利用だけでなく単体での録画にも対応している(単体利用時は録画デバイスにSDカードを使用)。ヘッドセット接続用のオーディオ入力も装備しており、録画/ライブ配信ソフト「I-O DATA HD Live Capture」を用いて手軽に動画キャプチャーやライブ配信を行うことが可能だ。

 録画は1080p/60fpsに対応。遅延を気にせずゲームをプレイできるバススルー出力(4K/60fps対応、HDR非対応)も備えている。対応OSはWindows 7/8.1/10(Windows 10 Sモードには対応しない)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング