より幅広いニーズに応えるゲーミングノートPC――ASUS JAPAN「ROG」発表会詳報

ITmedia PC USER / 2019年6月18日 7時0分

写真

ノートPCタイプの「ROG Strix G」を手にする関係者

 ASUS JAPANは6月14日、直営店「ASUS Store Akasaka」(東京都港区)でゲーミングブランド「ROG(Republic of Gamers)」シリーズの新製品発表会を開催した。

 この記事では、当日発表された内容を改めてチェックしていく。

●3シリーズでヘビーゲーマーからカジュアルゲーマーまでをカバー

 発表会では、ASUS JAPAN マーケティング部のシンシア・テン(Cynthia Teng)部長が登壇。設立から13年が経ったROGブランドの歴史を簡単に振り返った後、ROGのシリーズ構成を紹介した。

 最高のパフォーマンスを求める人、最先端の“尖った”製品を求める人には最上位の「ROG」、パフォーマンスとデザイン性を追求したい人にはスペシャルな「ROG Zephyrus(ゼフィルス)」、リーズナブルな価格の機種も用意する、メインストリームの「ROG Strix(ストリクス)」――ヘビーゲーマーからカジュアルゲーマーまで、幅広いユーザーに訴求できるラインアップをそろえていることをアピールした。

 この発表会に合わせて、ASUSは18モデルものゲーミングノートPCを発表。この発表会ではその中でも“世界最強”をうたう「ROG Mothership GZ700GX」、超薄型フォルムの「ROG Zephyrus S GX701GXR」および「ROG Zephyrus S GX531GWR」、BMW Designworksとのコラボレーションから生まれた「ROG Strix G G531シリーズ」の特徴が重点的に紹介された。

●BMW Designworksとのコラボによる“刺激的な”デザイン

 「ROG Strix G G531シリーズ」については、テクニカルプロダクトエンジニアの西康宏氏から詳細な解説が行われた。

 このシリーズは15.6型液晶ディスプレイを搭載したゲーミングノートPCで、メインストリームからハイエンドまで、スペックが異なる多数のラインアップ(7製品9モデル)をそろえている。

 最大の特徴が、「BMW Designworksとコラボレーションした“刺激的な”デザイン。左右非対象の液晶ディスプレイ、BMWの「シザードア」から着想を得た液晶ヒンジ、「3D Flow Zone」と呼ばれる吸気口、天板の2パターンのヘアライン加工、「トリプルエッジライトバー」など、これまでにないデザイン要素を導入している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング