エイサー、スリムデスクトップPC「Aspire X」など2シリーズにOffice付属モデルを追加

ITmedia PC USER / 2019年6月18日 12時41分

写真

デスクトップPCの「Aspire X」シリーズ

 日本エイサーは6月18日、スリム筐体採用デスクトップPC「Aspire X」とスタンダードノートPC「Aspire 3」の2シリーズにMicrosoft Office Home & Business 2019付属モデルを追加、6月20日に販売を開始する。

 新たにラインアップに加わったのは、Celeron J4005(2GHz、最大2.7GHz)搭載のスリムデスクトップPCモデル「XC-830-N14F/F」、Core i5-8400(2.8GHz、最大4GHz)搭載のスリムデスクトップPCモデル「XC-885-N54F/F」、15.6型フルHD液晶/Pentium Gold 4417U(2.3GHz)搭載の「A315-53-A24U/KF」の3機種だ。いずれもOSにWindows 10 Home 64bit版を、Microsoft Office Home & Business 2019を標準で搭載している。

 予想実売価格はXC-830-N14F/Fが6万円前後、XC-885-N54F/Fが9万円前後、A315-53-A24U/KFが6万5000円前後だ(いずれも税別)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング