「iPadOS」で今度こそ“iPadがモバイルPC代わり”になるか PCユーザー視点からβ版を試して分かったこと

ITmedia PC USER / 2019年6月26日 17時40分

写真

米Appleは6月24日(現地時間)、「iPadOS」パブリックβの提供を開始した。写真は、iPad OSのβ版を入れた「iPad Pro」を「MacBook Pro」に接続して利用している様子。iPadOSの正式版は2019年秋のリリース予定

 「iOS」から「iPadOS」へ。この名称変更は、これまでiPadをモバイルパソコンの代わりに使いたいと思いつつも諦めてきたユーザーにとって、希望の光なのだろうか。

 スマートフォンと共通のOSではなくなったことで、どこまでiPadの可能性を引き出せるのか。もし生産性ツールとしての可能性を引き出せたなら、あるいは「iPad」、とりわけ外付けキーボード兼カバーの「Smart Keyboard」が提供されている「iPad Pro」はその存在意義が変わってくる。

 とはいえ、筆者は基本的にiPad Proの文書作成能力には懐疑的だ。本誌(ITmedia PC USER)に寄稿しているのだからあらためて言うまでもないが、筆者は生粋のパソコンユーザーだ。これまでにタブレット端末だけで仕事をしたいと思ったことは一度もない。単純に仕事にならなかったからで、これは昨年発売されたiPad Proの最新モデルでも変わらない。

 とりわけ日本語入力の問題は大きい。Androidタブレットであれば、ハードウェアキーボードと「ATOK」などのIMEを組み合わせる手はあるが、iPadはハードウェアキーボードにサードパーティー製の日本語入力ソフトウェアの利用を許していない。

 それならiPadではなく、Microsoftの「Surface Pro 3」以降ならば、仕事用のタブレットとして十分じゃないかというかもしれないが、Surface Proは本質的にWindows PCだ。もちろん、ペンを使えるタブレットスタイルのハードウェアでもあるが、iPadやAndroidタブレットとは異質の製品である。

 昨年発売されたiPad Proの新モデルは、その能力や美しいディスプレイ、「Apple Pencil」の書き味など、さまざまな面で多くのノートパソコンより優れた側面を持っている高性能なコンピュータだが、それでもこの端末で日常の業務をこなしたいかといえば、そこまでには至らない。

 Apple自身、発表会ではクリエイター向けツールとして強く訴求していたものの、iPadをモバイルパソコンの置き換えとしては強く押し出していない。「MacBook」や「MacBook Pro」があるのだから、これは当たり前と言えば当たり前なのかもしれない。しかしながら、その事情は(ある程度予見はされていたが)iPadOSの登場で変化しそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング