「MacBook Air(Mid 2019)」でWindowsを使いたい? よろしい、Boot Campだ!(セットアップ編)

ITmedia PC USER / 2019年8月15日 12時5分

写真

Windows 10 Pro(バージョン1903)で稼働するMacBook Air(Mid 2019)

 7月11日に発売された「MacBook Air(Mid 2019)」の店頭販売の上位構成(256GB SSD)を短期集中レビューする連載「Airと私」。前回は、キーボードの打ち心地をチェックしつつ、外部接続端子の少なさは実用に影響するのかどうか検証した。

 昨今、Webベースのサービスでは、macOSだろうとWindowsだろうと(厳密にはどのようなWebブラウザだろうと)動くものが多い。ローカルにアプリケーションを導入しなければならないものでも、その多くはmacOS用とWindows用の両方を用意している。Mac単独運用で困ることは、昔ほど多くはない(いい時代になりました……)。

 それでも、Windowsにしかないアプリ、あるいはWindows(のWebブラウザ)で動かすことが前提のWebサービスは依然として存在する。「macOSの操作にどうしても慣れないからWindowsを使いたい……」という人もいるはずだ。

 そんな時、Macに標準で装備されている「Boot Camp(ブートキャンプ)」という機能を使うと、Windows“そのもの”を簡単に動かせる。そこで、今回はBoot Campを使ってMacBook Air(Mid 2019)にWindowsをインストールする方法を紹介する。

●準備するものは「イメージ」と「ライセンス」だけ

 MacBook Air(Mid 2019)においてBoot Campを使う場合、64bit版の「Windows 10」のみ対応する。それ以前のWindows、あるいは32bit版には対応しない。

 インストールを開始する前に、以下のものを用意しておこう。

・64bit版Windows 10のISOイメージファイル

・有効なWindows 10のライセンス

 現行のMacではUSBメモリなしでWindowsをインストールできる。イメージとライセンスさえあればいい。

 Windows 10のISOイメージファイルは、以下の方法で用意する。

・MicrosoftのWebサイトからダウンロード

・手持ちのWindows 10のインストールDVDから作成

 通信容量を気せず使える高速なインターネット環境がある場合は、Webサイトからのダウンロードをお勧めする。記事掲載時、macOSのWebブラウザからアクセスすると「バージョン1809(October 2018 Update)」「バージョン1903(May 2019 Update )」のイメージファイルを直接ダウンロードできる。いずれもBoot Campで利用可能だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング