「VAIO S15」が第9世代Coreプロセッサを搭載 Core i9搭載の「ALL BLACK EDITION」も登場

ITmedia PC USER / 2019年11月12日 9時5分

写真

VAIO S15(左はシルバー、右はブラック)

 VAIOは11月22日、15.6型ノートPC「VAIO S15」(個人向け)と「VAIO Pro PH」(法人向け)の2019年冬モデルを発売する。発売に先駆けて、カスタマイズモデルは11月12日9時から受注を開始した。想定販売価格は、VAIO S15のカスタマイズモデルが11万9800円から、同標準仕様(量販店)モデルが16万4800円から、VAIO Pro PHのカスタマイズモデルが12万2800円からとなる。

(記事中の価格は全て税別)

●2019年冬モデルの特徴

 VAIO S15の2019年冬モデルは、4月に発表されたモデルをベースに、CPUを第9世代Coreプロセッサ(Coffee Lake-H)に変更してさらなるパフォーマンスアップを図っている。指紋認証に加え赤外線カメラによる顔認証にも対応し、セキュリティ面での「快」も向上している(※)。

※VAIO Pro PHのみ、Core i5モデルにおいて生体認証非搭載のカスタマイズに対応。その他の構成は全て「指紋認証+顔認証」固定

 合わせて、VAIO S15についてはプレミアムモデル「ALL BLACK EDITION」を新規設定。想定販売価格は30万1800円(法人向けは30万6800円)からとなる。

 CPUは「Core i5-9300H」(2.4G~4.1GHz、4コア8スレッド)または「Core i7-9750H」(2.6G~4.5GHz、6コア12スレッド)で、ALL BLACK EDITIONのみ「Core i9-9980HK」(2.4G~5GHz、8コア16スレッド)を搭載する。メインメモリ(DDR4)は構成によって標準で4GB~32GBを備える(増設不可)。

 ストレージは2.5インチHDD(500GBまたは1TB)とM.2 SSD(128GB~1TB)を搭載可能で、デュアルストレージ構成にもできる。ディスプレイの解像度はHD(1366×768ピクセル)、フルHD(1920×1080ピクセル)、4K(3840×2160ピクセル)の3種類から選択できる。光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブまたはBlu-ray Disc(BD-RE)ドライブを搭載する。

 OSはWindows 10 ProまたはWindows 10 Home(共に64bit版)をプリインストールし、「Microsoft Office」または「WPS Office」のライセンスを付帯することもできる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング