健康の未来を先取りしたApple Watch、タブレットの水準を引き上げたiPad

ITmedia PC USER / 2020年9月17日 0時5分

写真

Apple Watch series 6には、こんな時代の到来を予見していたように注目の技術「血中酸素濃度センサー」が搭載されていた。4つのLEDクラスターと4つのフォトダイオードで構成されたセンサーが内蔵されており、ここから腕に赤外線を照射して測る

 Apple WatchとiPadの最新モデルがお披露目されたAppleのスペシャルイベントは、1時間とこれまでの発表会にあたる半分の時間で内容も簡潔にまとめられ、あらかじめ編集された映像コンテンツとして日本語字幕もついており、日本では深夜のスタートであるにもかかわらず、Twitterなどでは多くの人が発表の1つ1つに一喜一憂していた。

 発表内容を列記すると、まずハードウェアとしては新たに血中酸素濃度の測定が可能になったApple Watch series 6と、手頃な値段で買えるApple Watch SE、そしてプロ用に迫る機能を提供する「iPad Air」と低価格な「iPad」の4製品が発表された。

 それと関連してiOS 14、iPad OS 14、watchOS 7、tVOSの最新版が米国時間の9月16日(日本時間の17日)に一斉にリリースされることや、iCloud、Apple Music、Apple Arcade、Apple TV+といった同社の4つのサブスクリプションサービスを個人で月額1100円、家族の場合は同1850円(いずれも税込み)で利用できるようにする「Apple One」という包括型サブスクリプションプログラムも明らかにされた。

 そして、年内に日本を除く一部の国で提供が始まるフィットネスコンテンツ「Apple Fitness+」もある。

 さらにiPhoneを持つことを許されていない児童に、親のiPhoneで設定したApple Watchを使えるようにする「ファミリー共有設定」という機能などが公開された。

 と、発表会の骨子はこれだけなのだが、その間にこれからの健康管理を大きく変えそうな新技術など、いくつもの興味深い発表が行われた。そうした発表のいくつかは、まるでAppleがCOVID-19のパンデミックを予見していたのではないかと思わせる面白い符号も見せている。

 だが、その話は後半にとっておき、まずは今回のハードウェア新製品をどう捉えたらいいのかから読み解きたい。

●新ラインアップをGood、Better、Bestで読み解く

 10年目を迎えるiPadは標準のiPad、iPad mini、iPad Air、iPad Proとモデルがたくさんあり、どのモデル選んだらいいのか悩ましい。また、これまでシンプルだったApple Watchにも、今回、新たにApple Watch SEという別ラインが加わり、製品ラインアップが複雑化しているように見える。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング