1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. デジタル家電

IE11サポート終了の本当の問題って何だろう

ITmedia PC USER / 2022年6月23日 12時0分

写真

Windows Blogに掲載されたIE終了のお知らせ

 2022年6月15日、1995年にWindows 95とともにデビューしたInternet Explorerが、最終バージョンの「Internet Explorer 11(IE11)」のサポート終了をもってその歴史に幕を閉じた。

・Internet Explorer 11 デスクトップアプリは6月15日にサポート終了

 IE11のサポート終了については約1年前に本連載でも「IE11がついに2022年6月15日で終了へ 日本でのシェアは?」の中で触れているが、正確な終了日の告知こそこのタイミングで行われたものの、IE11の利用自体はレンダリングエンジンにBlinkを採用した新Edge(Chromium Edge)が登場した2019年のタイミングで既に移行が強く推奨されている。その意味では3年以上の猶予期間が設けられていたといえるだろう。

 IE11のサポート終了については、ITmediaだけでも下記のようなWebブラウザの歴史やその後のユーザーの反応などをまとめた記事が公開されている。

・さようなら、全てのインターネット・エクスプローラー

・今はさらばと言わせないでくれ インターネット・エクスプローラー、IEの戦士たち

・ありがとう、Internet Explorer Twitterで飛び交う“はなむけの言葉

 筆者的にはWindows 95時代に利用していたブラウザはNetscape Navigatorで、後にバージョン2.0でアニメーションGIFなどがサポートされたことでそのβ版に乗り換えた。当時は初代Internet Explorerも含めてブラウザは有料で購入するものだったが、Netscape Navigatorではβ版利用の場合は無償だったこともあり(同社はサーバ向け製品でビジネスが成り立っていた)、以後ブラウザを有料購入することはなくなった。

 Internet Explorerの利用を開始したのは3.0からで、付属のメールクライアントを含めて動作が非常に軽く、重厚長大化が進んで動作が非常に重くなっていたNetscape Communicator 4.0から乗り換えた経緯がある。

 以後はデフォルトブラウザということもあり、特に意識せずInternet Explorerを使い続けてきた。2007年にはMacも利用するようになったが、そちらでのメインブラウザはFirefoxを選択しており、現状はアクセス先に応じてFirefox、Chrome、Safari、Edgeを使い分けている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください