【ヴァージンネイル】ミニマルが美しい。ヨーロッパ発のモダンデザインまとめ

Itnail / 2021年1月23日 7時0分

【ヴァージンネイル】ミニマルが美しい。ヨーロッパ発のモダンデザインまとめ

今、ヨーロッパやアメリカで人気の「ヴァージンネイル」。ウクライナのMVKというネイルサロンが名付けたネイルアートスタイルです。ヴァージンネイルは、基本的にはヌーディーカラーやシアーカラーをベースに、シンプルなラインアート、ドットなどがミニマルに施されています。ラインアートやドットは、基本的には1色のみで描かれており、統一感やクリーンな雰囲気が漂います。今回は、このヴァージンネイルを取り入れたネイルデザインに注目しました。

ミニマルなデザインですっきりと。

tricia

tricia

via itnail.jp
ヌーディーカラーをベースにした、ゴールドのミラーネイルが美しいですね。

ワンポイントで置かれた中指のスタッズも素敵ですね。小指以外は、すべて水平線のデザインで統一することで、ヴァージンネイルらしさが出ています。ゴールド1色で統一しているのも◎

シアーカラー×ドットで淡くシンプルに。

a little salon niiina

a little salon niiina

via itnail.jp
こちらは、カラフルなシアーカラーと黒のドットのみの、とてもシンプルなデザインです。

塗りかけネイル風のカラーは、淡いトーンで統一しているので、とても優しい印象を与えます。同じカラーで統一すると、さらにヴァージンネイルっぽさが強調されることでしょう。

淡いカラーに極細の曲線をのせる。

Creis

Creis

via itnail.jp
こちらは、くすみトーンのイエローとグレーを組み合わせた、ニュートラルな印象を与えるヴァージンネイルです。

くすみトーンを使用することで、より今っぽい雰囲気に。極細の曲線は白で統一し、それぞれの指に1本ずつ施されています。抜け感にミニマルな要素をプラスすることで、とても洗練された印象を与えています。
Rosett BY broocH

Rosett BY broocH

via itnail.jp
こちらも、極細の曲線を用いたデザインです。

チークネイル風の淡いカラーの上に描かれた、ミニマルな曲線が美しいですね。とてもシンプルなのに、物足りなさを感じさせないのは、ベースになっている淡いカラーが何色もミックスされているからではないでしょうか?

フレームだけでもOK。

SHIMA

SHIMA

via itnail.jp
こちらは、ヴァージンネイルと水銀ネイルをミックスしたデザインです。

人差し指と小指は水銀アートで、その他はヴァージンネイルが施されています。ゴールドのフレームは、まるで枠だけのフレンチのようにも見えます。とても、ミニマルで洗練されたデザインですね。

1本のラインが作り出す美しさ。

SLEEP NAiL

SLEEP NAiL

via itnail.jp
こちらは、クリアジェルをベースに使用した、もっともヴァージンネイルらしいミニマルなデザインです。

ヴァージンネイルには、とてもエッジの効いたデザインもあります。自爪のカラーをそのまま活用し、深緑の曲線を描くことで、はっきりとコントラストが出せています。また、ラインを黒にして、もっと極細にすれば、されにヴァージンネイルらしいミニマルアートを表現できます。
Spartir

Spartir

via itnail.jp
ヌーディーカラーに縦線を1本のみ描いたり、アクセサリーを縦に1本だけ置いたりするのも、ヴァージンネイルの特徴です。

ヴァージンネイルのアートには、これと言って決まりはありませんが、基本的には、一つのネイルにひとつの線やアクセサリー、そしてドットの集合体などが施されるのが特徴です。
今回は、今ヨーロッパやアメリカで人気の「ヴァージンネイル」をご紹介しました。ヴァージンネイルは、2020年冬のトレンドとして注目を浴びましたが、これからも、しばらくはトレンドとして人気をキープすることでしょう。今後、さらに様々なデザインが出てくるのが楽しみです。


Itnail編集部

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング