身近にあるものでネイルの表面をピカピカにする方法

Itnail / 2016年7月3日 7時0分

身近にあるものでネイルの表面をピカピカにする方法

年齢・性別を問わず受け入れられやすい「すっぴんネイル」ですが、美しい爪といえるためには、その表面が美しく輝いていることが必須条件ですよね。たとえ外出先であってもこまめに爪を磨き、美しい状態を保っておきたいものです。そこで今回は、身近にあるもので爪をピカピカに磨く方法について、ご紹介します。

素爪がキレイな女性は美しい!?

 (441381)

via itnail.jp
【イットネイル】ネイルのデザインは人によって好みがあるため場合によっては良い印象を与えないことがありますが、素爪に関しては、年齢や性別を問わず受け入れられやすい傾向にあります。そのため最近は“敢えて”ネイルアートをせず素爪のままでいる方もいるようですが、ただ単に“何もしていない”だけでは、綺麗な爪とは言えません。やはり「美しい素爪」といえるためには、形が整っているというのはもちろん、その表面が滑らかで艶を放っていることが大切ですよね。

爪表面のケアのやり方~基本編~

 (441382)

via itnail.jp
では、美しい素爪を保つためにはどうすればいいのでしょうか。まずは、基本的な爪表面のケア方法から見ていきましょう。

《爪表面をなめらかにする方法》

①まずは、爪の形を綺麗に整えます。
②目の細かいバッファーを使い、爪表面をサンディングしてなめらかに整えます。
③スポンジバッファーを使い、爪表面をサンディングして艶を出します。
④キューティクルオイルを塗って仕上げます。

まるでトップコートを塗ったかのように爪表面をツヤツヤにすることができるスポンジバッファーですが、爪を削る“ヤスリ”であることには変わりなく、過剰な使用は爪を傷めたり薄くしたりする原因になります。
そのためスポンジバッファーの使用は2~3日に1回くらいの頻度にし、ファイリングするときもあまり力を入れすぎないようにしましょう。

外出先でも安心!身近にある○○で爪を磨く方法

 (441383)

via itnail.jp
爪表面を本格的にケアしようと思うと、何種類かのヤスリやスポンジバッファーが必要になります。自宅にいるときならばともかく、外出先にまで何種類ものヤスリを持ってはいけませんよね・・・。そこでおすすめしたいのが、レシートを使ったネイルケアです。

やり方はとても簡単で、レシートの印字面を爪にあて、こするだけでかまいません。レシートのような感熱紙はその表面がデコボコになっているため、これを使って爪表面を磨けば、スポンジバッファーを使ったのと同じような効果が得られるのです。

外出先で爪表面の曇りが気になった時は、ぜひ試してみてくださいね!



Itnail編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング