ひどい手荒れはネイルアートのせい?主婦湿疹とネイルアレルギー

Itnail / 2015年12月16日 17時0分

手指の乾燥がひどくて赤く見えるほどカサカサになってしまった、発疹や小さな水泡ができてひどくかゆい…。こんな症状になってしまったら、それは主婦湿疹かもしれません。主婦湿疹とは毎日水仕事をする主婦、調理師、美容師などに多いひどい手荒れのこと。手以外には症状が出ないので「手湿疹」と言われることもあります。頻繁な水仕事などによって皮膚を刺激や乾燥から守る皮脂や角質が落ちてしまい、皮膚を守る機能が失われることで極度の手荒れを引き起こします。治療にはステロイド系軟膏と保湿剤が使われることが多いのですが、水や洗剤に触れる機会を減らすことができないと治りにくいとされています。またアトピーなどアレルギー体質の人がなりやすいとも言われています。

手指に発疹や水泡ができて強い痒みが出ることも!主婦湿疹とは?

【イットネイル】手指の乾燥がひどくて赤く見えるほどカサカサになってしまった、発疹や小さな水泡ができてひどくかゆい…。こんな症状になってしまったら、それは主婦湿疹かもしれません。
主婦湿疹とは毎日水仕事をする主婦、調理師、美容師などに多いひどい手荒れのこと。手以外には症状が出ないので「手湿疹」と言われることもあります。
頻繁な水仕事などによって皮膚を刺激や乾燥から守る皮脂や角質が落ちてしまい、皮膚を守る機能が失われることで極度の手荒れを引き起こします。
治療にはステロイド系軟膏と保湿剤が使われることが多いのですが、水や洗剤に触れる機会を減らすことができないと治りにくいとされています。
またアトピーなどアレルギー体質の人がなりやすいとも言われています。

via itnail.jp

主婦湿疹と混同されやすい、ネイル用品によるアレルギー

ジェルネイルをしたあとに爪の周りに痒み、発疹、水泡が出ることがまれにあります。これは施術中に皮膚にジェルが触れたことで、アレルギー反応を起こした可能性が考えられます。症状がよく似ていますから、皮膚科などを受診して主婦湿疹と診断された人も。アセトンや、スカルプチュアのアクリルに反応することもあるようです。
皮膚についたり削った粉を吸い込んだものが吸収されてアレルゲンとなり体内に蓄積されて、アレルギー反応が出ます。ですから、初めてジェルネイルをつけたときはまずアレルギー反応は出ません。
何年もジェルネイルを続けていて反応が出ない人もいますし、最初は何でもなかったのに2年目に症状が出始めたという人もいます。指に傷があるときにジェルネイルをしたら、アレルギー反応が出てしまい、それ以来ジェルネイルに反応するようになった、という例もあります。

ネイルアレルギーを疑った時の対策

まずアレルゲンを体内に貯めないように、手指に傷があるときはネイル用の薬品を使わない、施術中は削った粉を吸い込まないようにマスクをする、といったことが挙げられます。
それでもアレルギーと思われる手荒れになってしまったら…。
アレルギーが出にくいことを記載したジェルもありますが、これに替えて出なくなった人、それでも出てしまう人と、さまざまのようです。
いろいろと試してみてどうしても症状が改善されなければ、ジェルやスカルプを辞めるという選択も必要です。ポリッシュやチップに替えてみることも考えてみてください。



Itnail編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング