いろんな形があってしかも安い!クラフトパンチでセルフネイルの幅を広げよう

Itnail / 2015年7月11日 13時0分

いろんな形があってしかも安い!クラフトパンチでセルフネイルの幅を広げよう

工作などで使われているクラフトパンチ(穴あけ)パンチ。実は丸型以外にも、星型やハート型などさまざまな形をとることができます。安い値段で売られていることが多いですが、…実はネイルアートにおいても大活躍できることをご存知でしたか?

安いアイテムでオリジナルネイル

【イットネイル】工作などで使われているクラフトパンチ(穴あけ)パンチ。

実は丸型以外にも、星型やハート型などさまざまな形をとることができます。
安い値段で売られていることが多いですが、実はネイルアートにおいても大活躍できることをご存知でしたか?

via itnail.jp
セルフネイルは楽しいけどデザインのバリエーションが少なくなってきた、いつものデザインに飽きてきたという人に特におすすめです。
市販のネイルシールやネイルサロンではできないようなオリジナルデザインも、安いコストで作ることができます。

クラフトパンチの使い方

基本的には薄手の紙などに使って特定の形に型抜きして、それをネイルの上から貼り付けてネイルシールのように使って楽しみます。
白い紙だけじゃなく包装紙や折り紙などいろんな色・柄・模様・質感の紙を使えば、オリジナルのネイルパーツが簡単に作れちゃいますよ。

またいい紙・色が身近にないときは、普通の紙に好きな色のマニキュアを塗って作ることもできます。
もちろんアートを施したり、ラメなどを乗せてもOKですよ。

via itnail.jp

バリエーション豊富な形

型のバリエーションとしては以下のようなものがあります。
まずは好きなモチーフで試してみてね。
・お花
・動物(うさぎやリスなど)
・星型
・ハート
・リボン
・小物や道具(傘やぬいぐるみなど)
・記号(アスタリスクや音符など)
via http://itnail.jp/
形だけでなく素材次第でいろいろなパーツを作れます。
ざらざらした紙・つるつるした紙など素材によって仕上がりも違いますよ。
手描くではきれいに描くのが難しいパーツほど活躍するでしょう。

たくさん作って収納!

ネイルアートのたびにクラフトパンチを使うのは大変と感じたら、先にたくさん作っておいて保存しておきましょう。
あらかじめたくさん作っておいて、ファイルなどに収納しておけばスムーズにネイルアートに使えるようになります。

いろいろな形のクラフトパンチをそろえて、セルフネイルの幅を広げちゃいましょう。



Itnail編集部

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング