児童館デビューはいつからがおすすめ?知っておきたい注意点とは?

イクシル / 2019年7月13日 20時0分

写真

雨の日は、地域にある児童館を利用してみよう

かわいいわが子とはいえ、1日中、自宅にいるのでは育児ストレスがたまってしまいます。天気がいい日なら、ベビーカーで公園にお散歩にも行けるけど、梅雨の時期はそうもいきませんね。そんな時に役立ててほしいのが、近所にある児童館です。
近い月齢や年齢の子どもと遊ぶ機会も得られるし、ママ同士の交流もはかれます。
赤ちゃんとその保護者が利用できる施設ですが、赤ちゃん専用の時間帯や曜日を設けている場合もありますので確認してから利用するといいですね。

児童館はこんな施設

屋内型の児童厚生施設のひとつで、児童の発達にかかせない要素である「遊び」を提供することで、健康の増進や情操を豊かにすることを目的とした公共施設です。
原則、訪れた人が誰でも遊べる時間やスペースが設けられています。
赤ちゃん向けのおもちゃ、絵本が用意されているので、お家とはまた違った環境で飽きずに遊ぶことができます。
小型タイプから、キャンプが行えるような大型のものまでさまざまタイプがあります。興味のある人は地域にある児童館がどんなタイプか調べてみてくださいね。

児童館にはこんな種類がある 『
・小型児童館:小地域が対象で、児童に健全な遊びを提供したり、母親クラブなどがある施設もあります。
・児童センター:小型児童館の機能+、遊びを通じて体力増進が図れる設備があります。大型の児童センターでは、中高生に対しての育成支援も行っています。
・大型児童館:広域の子どもたちを対象にした施設で、宿泊施設と野外活動設備を備えています。豊かな自然環境に恵まれた地域内に設置され、子どもたちが宿泊をしながら自然を生かした遊びによる健全育成活動を行っています。 』

学童クラブ併設の児童館もあるので注意

地域によっては、放課後、小学校低学年の児童を預かる学童保育を併設しているところもあります。
基本的には、平日の午前中は乳幼児の親子を対象としたものや、子育て相談などが行われています。そして、午後は学校が終わった児童が過ごす場となるのが一般的です。最近では中高生を対象としたプログラムがある施設もあります。

何歳ぐらいから利用できる?

児童館は、0歳から18歳未満なら誰でも利用可能な施設です。いつから行くのがいいと、決まっているわけではないので、自分の都合に合わせて「行ってみよう」と思ったタイミングで利用するといいですよ。早い人では2カ月ぐらいから利用するママもいます。

児童館ではどんなことをするの?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング