妊娠中はカフェインの入った飲み物などは控えるべき?

イクシル / 2014年10月29日 17時0分

写真

妊娠が判明してから、コーヒーを我慢していた相談者の方ですが、日頃からよく飲む緑茶や紅茶にも、カフェインは含まれているということを知りました。すべてを我慢するのはストレスになりそうなのでどうすればよいのか悩んでいるママに、管理栄養士さんたちはなんと答えているのでしょうか。

妊婦さんからの相談:「妊娠中のカフェインはどの程度なら大丈夫?」

『先日妊娠が発覚したばかりですが、妊娠中に飲んでよいもの・ダメなものが知りたいです。コーヒーはカフェインが入っていますが、我慢してストレスになるなら1日2~3杯は飲んでも大丈夫だと聞きました。そのためあまり深刻に考えていなかったのですが、カフェインが入っている飲み物は意外と多いことを最近知りました。これまで緑茶や紅茶なども結構飲んでいたのですが、これもやめた方がよいのでしょうか。(30代・女性)』

あまり神経質にならないで。コーヒー数杯程度なら大丈夫

妊娠するとこれまでと違い、口にするもの全てに神経質になってしまうものです。しかしカフェインも摂り過ぎはよくないというだけで、全くダメなわけではありませんので、それ程神経質にならなくてもよいでしょう。

『妊婦さんが避けた方がよい飲みものは、アルコールはもちろんですがカフェインの入った飲み物です。しかしコーヒーであれば、1日に2~3杯飲んでも大丈夫です。(産科看護師)』

『私も妊娠中飲み物には悩みました。カフェインは摂り過ぎるとよくないけれど、少量なら大丈夫ですよ。産科の先生にも、リラックスのためにコーヒー1~2杯なら問題ないと言われていました。(管理栄養士)』

『カフェインの摂りすぎがよくないのは、赤ちゃんへの血流が悪くなってしまうためです。そのため、カフェインを含むものはほどよく抑えることが望ましいです。(管理栄養士)』

ノンカフェイン飲料を試してみるのもよいでしょう

最近は、ノンカフェイン飲料も豊富に販売されているようです。この機会に一度、ノンカフェインを試してみてはいかがでしょうか。

『ノンカフェイン飲料は、紅茶専門店などでも最近は多く取り扱っています。個人的におすすめなのは、ホットでもアイスでも美味しいルイボスティーです。妊娠中の水分摂取は大切ですので、自分のお好みの飲み物を見つけてみてください。(薬剤師)』

『緑茶や紅茶、烏龍茶にもカフェインが多く含まれているので、お茶なら麦茶がよいと言われていますが、いずれも全く飲んではいけないということはないので、あまり神経質にならなくてよいでしょう。妊婦さんによい飲み物に、水・ココナツウォーター・レモネード・野菜や果物ジュース(できれば自家製)・たんぽぽ茶があります。(産科看護師)』

『薬局やベビー用品店などに、色々な種類のノンカフェイン飲料が揃っているのでお気に入りを見つけてみてください。麦茶やタンポポコーヒーは母乳の出をよくするので、妊娠中から飲んでおくとよいと思いますが、ジュースや炭酸飲料は糖分が多く含まれているので、飲みすぎに注意してください。(管理栄養士)』

最近はノンカフェイン飲料も色々とあるので、自分に合うお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。また、カフェイン入りのコーヒーなども全くダメというわけではないので、たまにはストレス発散のためにも、飲んでリラックスするとよいですね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング