子供の便秘を治したい!効果的な食材には何がある?

イクシル / 2014年11月18日 12時0分

写真

2才の子供が便秘で、野菜が嫌いなため食物繊維が不足しているのか、うんちが硬いという相談です。小児科で処方された薬を飲むと排便があるのですが、他によい方法があれば看護師さんたちに教えてほしいと言っています。

子供の便秘についてママからの相談:「子供の便秘に効果のある食べ物を教えてほしい!」

『2才半の娘は、野菜が苦手なためか便秘がちです。水分は麦茶を1日に約1.5L飲み、おやつはあまり食べません。繊維質が不足しているのか排便が数日に1回で、カチカチのうんちです。小児科で処方されたカマとビオスリーの混合薬を飲むと毎日出て、服用を止めるとまた便秘になります。野菜や果物以外で、何かよい食材を教えてください。(30代・女性)』

食物繊維や乳酸菌を普段の食事に取り入れて!

腸内環境を整える乳酸菌、腸の動きを活発にする食物繊維を含む食材が、便秘にはよいようです。野菜嫌いのお子さんでも大丈夫そうなものをいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

『食物繊維や乳酸菌で、腸の状態をよくすることは大切です。ヨーグルト類やさつまいも、それも無理なら、イージーファイバーを味噌汁などに入れてもよいようです。(産科看護師)』

『ヨーグルトの乳酸菌が腸の働きを整え、便秘にはオリゴ糖が効果的だと言われているので、ヨーグルト+オリゴ糖は最強の組み合わせだと思います。(小児科看護師)』

『野菜自体は苦手でも、例えば100%のオレンジジュースにミキサーにかけたニンジンを混ぜる、というのはどうでしょうか。ジュースは糖分を含むので飲みすぎはいけませんが、おやつ代わりにこのようなジュースや、ヤクルトなどの乳飲料を与えてみてもよいでしょう。(小児科看護師)』

『果物が大丈夫なら、キウイ・バナナ・リンゴなどはミックスジュースにすると飲みやすいようです。またヨーグルトのような乳製品や、オリゴ糖を食事に混ぜるタイプのものもあり、薬ではなくあくまで食品なので、取り入れやすく効果が出やすいと思います。(管理栄養士)』

『水分や運動の他に、便のカサを増す食品が大切。サツマイモやコーンフレークなど、ヨーグルトやオリゴ糖と合わせると更によいでしょう。あと、寒天は繊維質たっぷりの海草の健康食品で、お味噌汁やスープ類に混ぜるとよいですよ。(看護師)』

規則正しい便通のリズムを作ってあげましょう

規則正しく便通が起こるようになるまで、しばらくは薬の服用を続けてみてもよいかもしれません。また、生活習慣を整えることも便秘を解消するためには大切だと、看護師さんは説明しています。

『規則正しく出るようになるまでは、薬を継続してみてはいかがでしょうか。薬を飲んだ時だけ動きがよくなるという腸のリズムを作ってしまうより、毎日規則正しく腸を動かすリズムをつけることが大切だと思います。(小児科看護師)』

『下剤に抵抗があるなら、麦芽糖の発酵作用で腸の動きをよくするマルツエキスという薬を、医師と相談して併用するのもよいかもしれません。薬局で購入可能で、乳児にも使用できる優しい効果の薬です。また早寝早起きを心がけ、同じ時間帯に便器に座ってみるという生活習慣も大切です。(産科看護師)』

子供の便秘は見ていてとても可哀想です。オリゴ糖と乳酸菌の組み合わせや、食物繊維を含む食材など色々とアドバイスをいただいたので、一度お試しくださいね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング