生理用ナプキンの代わりに、おりものシートを使っても?

イクシル / 2014年11月28日 18時0分

写真

生理用ナプキンをつけていると、皮膚が蒸れたり擦れて刺激になり、陰部が痒くなる人もいます。ナプキンの代わりにおりものシートで対応しているという相談者の方ですが、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

生理用ナプキンについての相談:「生理用ナプキンが肌に合わずおりものシートを利用。問題はない?」

『私は生理用ナプキンが苦手で、生理が始まるとかぶれたり陰部が痒くなったりします。そのため、家にいる時はおりものシートを代用しています。おりものシートだとちょっと出ただけでもすぐ取り替えるし、清潔な気がします。生理用ナプキンの代わりにおりものシートを使うことは、身体的に問題はないのでしょうか。(20代・女性)』

おりものシートを代用することは、特に問題はないでしょう

おりものシートは、下着を清潔に保つため普段から利用できるものなので、生理時に利用しても特に問題はないようです。ただやはり、生理用ナプキンと違い経血の吸収率は劣るようなので、その点に注意は必要です。

『おりものシートは、いつも下着を清潔に保ちたい方は毎日使う人も多いと聞きます。暑い季節や体調によってはかぶれることもあるかもしれませんが、継続的な使用によって身体的な問題はないと思います。(皮膚科看護師)』

『たとえナプキンでもこまめに替えた方がよいので、おりものシートで対応されても構わないのではないでしょうか。(看護師)』

『立ち上がる時など、急に出るような経血に対応できるのかちょっと心配ですが、ナプキンでなくおりものシートを使うことで、身体的に問題があるということはないでしょう。(婦人科看護師)』

『おりものシート自体、使い続けて身体に害があることはないと思います。ただ、出血が多い時は対処しきれない場合もあるので、その点に注意なさってください。(婦人科看護師)』

肌に優しい布ナプキンを使ってみても

既製品のナプキンが合わずに、布ナプキンを使う女性も増えてきたようです。少し手間がかかりますが肌に優しくかぶれにくく、最近では様々な種類があるようです。

『ここ数年布ナプキンを使用される方が増えているようです。交換後に洗う手間はありますが、綿100%の布のナプキンは、肌に負担がかかりにくいそうです。既製のものだけでなく、お好みの柔らかさの生地でハンドメイドするのもよいでしょう。(皮膚科看護師)』

『私は10年以上布ナプキンを愛用しており、今はおりものシートタイプの薄いものから、普通の日用・多い日用・夜用など多種あります。布なので洗う手間などありますが、かぶれることはほとんどないです。タンポンを併用すると経血の付着が少なくなるので、かぶれる頻度もぐっと減ると思います。(看護師)』

『布ナプキンが有効ではないでしょうか。漏れなどが心配でしたら、最初は生理用ナプキンの上に布ナプキンを敷く方法もあります。まずは、いらない布で試してみるとよいかもしれません。(管理栄養士)』

おりものシートを生理用ナプキンの代わりに使うことは、特に身体に害はないようです。ただ、おりものシートは薄くて経血の量が多いと心配なので、機会があれば一度布ナプキンも試してみるとよいかもしれませんね。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング