甘いものが好きでご飯を食べない2才児。良い対処法は?

イクシル / 2014年11月30日 12時0分

写真

子供が最近甘いものばかり食べ、ご飯をあまり食べないので相談者の方は悩んでいます。ご飯を食べないとおやつは与えないようにしたいけど、カロリー不足が心配だという相談者の方に対し、看護師さんたちのアドバイスとは。

子供の食事についての相談:「子供が甘いものばかり食べ、ご飯をほとんど食べません」

『2才の息子は身長は平均より高く、体重も平均の真ん中なので細めの体格をしています。元気でよく寝て情緒面でも問題はないのですが、最近あまりご飯を食べません。しかし、甘いものをあげればご飯の倍ほど食べてしまうので、食事の与え方に困っています。ご飯を食べなかったらおやつは与えないようにしたいのですがカロリーが不足しそうです。おやつ寄りの甘いおかずなどを食事中に出してもよいのでしょうか。(40代・女性)』

もう少し長い目で、このまま様子をみてもよいでしょう

2才という年齢を考えると、離乳を終え食べムラが出る時期でもあるようです。身長・体重は平均ぐらいのようですし、特におやつを抜いて甘めのおかずなどにしなくても、現状のままで様子をみてはいかがでしょうか。

『食べてほしいというママの気持ちもわかりますが、体格的に今のところ問題がないようなので、おやつの代わりにおかずをあえて甘いものにシフトしなくてもよいのではないでしょうか。これまで通りのメニューを継続し、長い目でみてよいと思います。(薬剤師)』

『体重などが極端に少ないのでなければ、そこまでカロリー不足を気にされなくても大丈夫でしょう。2才ということですので、離乳を完了した後、色んなものを食べてみるということに少し飽きてくる時期なのかもしれません。よく噛んだりスプーンやフォークを使うというのは、私たち大人からすると当たり前でも、乳幼児にとっては結構大変な作業ですから。(薬剤師)』

砂糖の過剰摂取には、注意が必要です

砂糖を摂取しすぎると、脳が満たされた状態となりご飯が進まなくなることもあるので、適量に抑えることが大切なようです。

『砂糖というのは習慣性があって中毒のような状態を引き起こし、多く摂ると糖分で脳が満たされご飯を食べなくなり、カロリーは十分でも栄養不足という状態に陥ります。また砂糖を摂りすぎると、落ち着きのないキレやすい子供になると言われています。(看護師)』

食事中の雰囲気作りなど、工夫してみても

おやつを抜いた分のカロリーをおかずで埋めるのではなく、やはりご飯をしっかり食べて少しのおやつというのが理想的です。「食事が楽しい!」と思えるような雰囲気作りなど、少し工夫してみるのもよいかもしれません。

『カロリーは満たせても栄養分が不足するようなら成長にも影響が出かねませんので、ご飯を食べた後におやつを少しという方が、やはりよいでしょう。おやつを果物やヨーグルトなどにするのはいかがですか?チョコレートなどよりビタミンや繊維が豊富で、健康的だと思います。(看護師)』

『食事は楽しいという雰囲気を作ってあげたり、おやつには甘くない高カロリーなものを与えてはいかがでしょうか。我が子の場合、ピクニックシートを敷き、お弁当箱にごはんとおかずをつめて食べさせていた時期があります。色々と試すうちに子供はどんどん成長し、お腹がすけば食事もきちんととれるようになりましたよ。(薬剤師)』

子供の偏食には悩まされますね。でもまだ2才なので、もう少しこのまま様子を見てもよさそうです。食事に飽きてきた時期でもあるので、食卓に何かひと工夫すると変化があるかもしれません。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング