2才児に必要な栄養バランスと1日の食事量が知りたい!

イクシル / 2014年12月7日 12時0分

写真

乳幼児期に入りしっかりと食べられるようになってくると、食事の栄養バランスが気になるものです。しかしいくら栄養があるものでも、適量を超えて与えるのはダメなのではと悩むママに、看護師さんや管理栄養士さんたちのアドバイスとは。

2才児の食事についての相談:「栄養があるからと、義父母が子供に食べ物を与えすぎて困ります」

『2才の子供がおり、主人も義父母もとても可愛がってくれるのですが、身体によいと聞く食べ物を与えすぎて困っています。市販の栄養ジュースを1日に2本も飲ませ、風邪予防だと言いみかんを丸々4つも食べさせてご飯が食べられなかったことも。身体によい物でもとりすぎはいけないと思うのですが、細かく適切な量が知りたいです。(20代・女性)』

1日3回の食事とおやつも含め、バランスよく

いくら身体によいといっても、過剰摂取は栄養のバランスが悪くなってしまいます。子供は1回の食事量が少ないので、おやつも含めて1日のバランスを考えましょう。

『栄養は、3度の食事を主としてその他におやつで補うのが一般的で、昔から1汁2菜が黄金バランスと言われています。適切な量というのは、お子さんによって食が細かったりと違いがありますが、食事はママが毎日お子さんのために作り、大体どの程度の量を食べ何が好きかなどよくわかっていると思うので、あまり気にしすぎなくてもよいと思います。(小児科看護師)』

『子供の消化機能はまだ発達途上で、みかんはお腹を冷やし消化もあまりよいとは思えません。身体によい食べ物でも、摂りすぎは栄養バランスが崩れてしまいます。子供は一度に食べられる量が少ないのでおやつも必要ですが、おやつ=お菓子ではないので栄養面を考えるなら、おにぎりやふかしたサツマイモなどの方がよいでしょう。(産科看護師)』

『毎回の食事に肉・魚・卵・大豆製品のいずれか1品と、副菜として野菜を1~2品。量は大人の1/3~1/2を目安にするとよいです。子供は1回の食事量が少ないので、1日のエネルギーの1~2割(100~200kcal)の間食が必要で、例えば牛乳100ccとふかし芋やみかん1個など、水分補給も行えると理想的です。(管理栄養士)』

『野菜:180g
ご飯:子ども茶碗軽く1杯、食パン:8枚切り1枚
肉・魚・卵・大豆製品:大人の手の平1/3~1/2程度(卵M1/2、肉・魚50~60g、豆腐60g)
油脂類:1 日1~2品(毎食油の多い食事はエネルギー過多に)
果物:80g(みかん1個、りんご1/4個、バナナ半分のいずれか)
「幼児のための食事バランスガイド」などを参考にすると把握しやすいでしょう。(管理栄養士)』

機会があればご両親を検診に誘ってみても

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
イクシル

トピックスRSS

ランキング