~丈夫な身体を作る~看護師オススメの栄養素ベスト8!

イクシル / 2014年12月18日 12時0分

写真

身体に必要な栄養ですが、実際に何をどの程度摂ればよいのかわからないという人も少なくないのではないでしょうか。虚弱体質のお子さんを食事面でフォローしたいという相談者の方に、看護師さんがオススメする栄養素ベスト8とは?

子供の食事についての相談:「虚弱体質の子供には、どのような食事が理想的?」

『7才になる子供は骨格や臓器の未形成があり、それに伴う回復力の遅さや疲れやすいという症状があり、虚弱体質だと診断を受けました。集中力がなくて転びやすく、体育などは非常に苦手で他の子供ができることができず、少しでも頑張ると翌日は寝込んでしまいます。医師は成長過程を見守りましょうと言いますが、食事の指導はなくとても不安です。どんな食事を作ってあげたらよいでしょうか。(40代・女性)』

8つの栄養素を、上手にバランスよく取り入れて

疲労回復に効果のある8つの栄養素を、産科・婦人科の看護師さんから以下のように教えてくれました。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。


その1:たんぱく質
筋肉を作るために必要な栄養素で、特に肉・魚・卵・大豆製品を主菜としてしっかり食べましょう。

その2:ビタミン・ミネラル
身体のバランスを整えるのに必要で、私たちの体内で作ることができない栄養素です。副菜として、野菜や海草類を中心とした小鉢を1日に5皿、果物を1日に1皿を目安に食べましょう。

その3:カルシウム
精神を安定させる働きがあり、子供の成長発達には欠かせません。骨まで食べられる小魚やしらす・牛乳・乳製品・大豆製品・緑黄色野菜などに多く含まれています。

その4:マグネシウム
不足すると感情的に不安定になり、イライラしやすくなります。ひじきなどの海草類・ゴマ・ナッツ類・大豆製品・牡蠣・ほうれん草などに多く含まれています。

その5:ビタミンB1
疲労物質である乳酸を蓄積せずエネルギーに変換させる働きがあり、菜の花やアスパラガス・鮭・豚肉・うなぎ・大豆などに多く含まれ、ビタミンB群は疲労回復に特に有効と言われています。

その6:クエン酸
疲労物質である乳酸の生成を抑制します。柑橘類などの果物や梅干などに多く含まれています。

その7:ビタミンC
ストレスへの抵抗力を増やし、免疫力アップの効果も。果物類や緑黄色野菜などに多く含まれています。

その8:パントテン酸
ビタミンC同様ストレスへの抵抗力を増やす働きがあり、レバー類・納豆・鮭・はちみつなどに多く含まれています。


給食の献立表を参考にしてみても!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
イクシル

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング