帝王切開で出産後、生理の量が多くなったけど何故?

イクシル / 2014年12月17日 12時0分

写真

赤ちゃんを帝王切開で分娩した相談者の方は、産前と比べ産後の生理の量が増えたと言っています。昼用ナプキンでは間に合わない程の量で、帝王切開と何か関係があるの?と悩んでいますが、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

生理の量についての相談:「出産後の経血量が増えたのは、帝王切開と関係がある?」

『現在7カ月の赤ちゃんがおり、帝王切開での出産でした。産後5カ月で生理が再開しましたが、産前よりも経血の量が多くなりました。以前は多い日でも昼用ナプキンで充分でしたが、今は夜用ナプキンを使用しないと漏れてしまいます。産後はよくあることなのか、それとも帝王切開での出産だったからなのでしょうか。生理痛はひどくなく、薬も服用していません。(30代・女性)』

生理の量は、帝王切開とは関係がないようです

帝王切開・自然分娩にかかわらず、産後の生理に変化が起こることはよくあるようです。ホルモンバランスや、ストレスなどが生理に影響することもあると言われています。

『帝王切開と生理の因果関係は立証されていません。産前産後で生理の症状が変わるのはよくあることで、ホルモンバランスの変化や育児疲れなども影響します。また、妊娠によって子宮が大きくなっている分、子宮粘膜の面積が広がり、出血量が多くなるようです。(婦人科看護師)』

『出産により、子宮内環境やホルモンの分泌が変化するので、産後に生理痛が軽くなった・重くなった・出血量が変わったなどの変化を感じる方は少なくないようで、生理周期が変わったり、生理不順になる方もいます。これは育児による疲労やストレス、生活環境の変化、出産による母体の体質変化などによるもののようです。 (産科看護師)』

『妊娠によって大きくなった子宮は、出産後徐々にもとに戻っていきます。完全に子宮が戻っていない状況(大きい状態)で生理が再開すると、生理は子宮内膜がはがれ落ちて起きるものなので、必然的に妊娠前よりも出血量は増えます。通常分娩・帝王切開などによる違いは特に指摘されておらず、それよりも個人の身体の状態の違いであると、捉えていただいた方がよいでしょう。(産科看護師)』

出血期間が長いなどの場合、一度婦人科で診察を

出血量がとても多い、期間が長いといった際は、貧血の可能性や違う疾患の場合もあるので、一度婦人科で診てもらうと安心ではないでしょうか。

『出血が多いと貧血になりやすいので、鉄分を含む食品を中心にバランスのとれた食事を心がけてください。生理が不規則になったり不正出血がある場合は、主治医に相談してくださいね。(婦人科看護師)』

『出血量が非常に多い場合は、貧血になってしまう可能性もあります。動悸・息切れ・ふらつきなどの貧血症状が出た時は、病院を受診した方がよいでしょう。また、出血の量・期間が共に長いという時には、他の病気も疑われますので、この場合も病院を受診した方が安心でしょう。(産科看護師)』

ホルモンバランスの影響などで、産後の生理は変化することがあるようですが、帝王切開との関係性はなさそうです。今後徐々に治まってくるとは思いますが、出血量があまりにも多いと貧血となってしまう可能性もあるので、心配であれば婦人科の受診も検討してみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>

イクシル

トピックスRSS

ランキング