テレビを見ながらできる肩と背中のストレッチ簡単2ステップ

イクシル / 2014年12月27日 18時0分

写真

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもりリフレ~代表の熊野です。私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、お悩みを聞かせていただいたりしています。

いつもはソファーに座って、テレビを見る余裕なんてないない!というママも、家族と一緒に過ごせる年末年始は、多少なりともくつろげていらっしゃるでしょうか。この時期はテレビも特番が多くて、気になる番組だったりすると、つい見てしまいますよね。

テレビから流れてくる情報・色・音は本当にたくさん。

意識していない部分も含めたら、それを受け止めている脳や目、体は知らないうちに疲れていたりします。

今日は、年末年始はテレビ三昧、映画三昧、という方も、簡単にできるストレッチをお伝えします。

このストレッチは、主に背中のコリ、を解消します。

肩こりのためのストレッチはたくさんありますが、実は背中のコリを解消すると、肩こりも軽くなることが多いんです。

肩と背中、もちろんつながっていますもんね^^

ストレッチはたった2ステップ。

1、まずは、右と左の肩甲骨を、ギューッと寄せるようにします。

肘を背中側に引くようにすると、肩甲骨(天使の羽)が近づきますね。

ここまでは良くあるストレッチ。

そして2つめ。

2、両手で大きなボールを抱えるように、胸の前で大きな輪を作ります。
そのときに、1で縮めた、肩甲骨の間を、後ろにぐっと突き出すようにするのがポイント!

肩甲骨の間って、縮めることは良くやるのですが、伸ばすことってあまりやらないのです

人間の体は、バランスを取るようにできています。

縮めたら、伸ばす。

息だって、吐くから、吸えるんです(笑)。

最初は、肩甲骨の間を突き出す、というのが良くわからないかもしれません。

そんな時は、そばにいるパートナーやお子さんに、肩甲骨の間に手を置いてもらうと、わかりやすいかもしれません。

テレビを見ながら、体もケアできて、おまけに家族ともコミュニケーションを取れたら、1年の終わりや始まりを、心も体も快適に過ごせるのではないでしょうか。

是非、試してみてくださいね♪

執筆者プロフィール
熊野 薫
1974年生まれ。同志社大学文学部文化学科心理学専攻卒。2002年より、リフレクソロジストとして、大手サロンにて勤務。インストラクターも兼務しながら、約1300名の顧客を担当する。 その後、起業を目指し、総合人材支援企業、IT企業などで、キャリアコンサルタントや人事担当として勤務。

2009年に男児出産。
肉体的ダメージや、精神的な不調といった、産後特有のトラブルを自らも体験したことで、 2012年11月、妊婦・産後ママのための出張リフレクソロジーサービス「みまもりリフレ」を立ち上げる。

全国でも珍しい出張専門のママサービスに加えて、訪問時には赤ちゃんや子供を見守る専任の保育担当を同行する。 「自宅なのでリラックスできた」「子供を見守ってくれる人がいるので本当に安心できた」「ぐっすり眠れた」とプレママや産後ママから、 サービス開始以来数百件の感謝の声をいただく。

現在はサービスに従事するセラピストや保育担当の育成を通じて、女性の短時間就労支援を行うと同時に、産前産後ケアの専門セラピストとして、様々なママの相談にも応じている。

ブログ:妊婦・産後ママのための保育つき出張リフレクソロジー みまもりリフレ
Facebookページ:みまもりリフレ~ママのための保育つき出張リフレクソロジー~

イクシル

トピックスRSS

ランキング