伊藤かずえ「シーマに30年」に「これぞ愛車」と称賛の嵐 「屋内車庫じゃないと塗装が…」「長く乗ると税割増」などシビアな声も

iza(イザ!) / 2020年10月12日 17時26分

伊藤かずえ

 12日のYahoo!検索トレンド上位に「初代シーマ」がランクインした。初代シーマとは、日産が1988年に発売した高級セダンで、女優の伊藤かずえが新車で購入してから30年乗り続けていることを自身のツイッターに投稿。このツイートをネットニュースの「まいどなニュース」が取り上げたことで、広くネットに拡散した。同じ車に30年乗り続けていることに、ネット民からは「30年はすっげえ」「これぞ『愛車』」と驚きと称賛の声が殺到している。

 伊藤は3日、自身のツイッターに、ベージュ色の初代シーマボンネットの上に鉢植えの花が飾られた画像を添えて、「シーマに乗り始めて今月で30年 今日一年点検してもらったら日産スタッフの方におめでとうございますとお花を頂きました。ありがとうございます」と、投稿。このツイートは12日14時時点で1万リツイートされ、5.4万の「いいね」がついている。

 リプ欄には、伊藤同様、日産「グロリア」や「レパード」、ホンダ「ビート」などバブル期に製造された車に長く乗り続けているユーザーからの返信が多数寄せられ、さながら愛車自慢サロンの様相を呈している。

 ツイッターや、ニュース記事のコメント欄には「Y31型(初代シーマの型式)懐かしいです。何より新車からメンテナンスし乗り続け日常で使ってる事に感銘を受けました」「30年はすっげえなぁ…距離も26万kmでエアサス交換2回だけなのか」「伊藤さんのお人柄を見たような気がします」「これぞ『愛車』だね」など、驚きと称賛の声が多数寄せられている。

 「私は12年13万キロの軽ですが、愛着あるのでまだまだ乗りたいなと。伊藤さんを見習いたいと思います」「私も20年落ちの愛車で、23万キロ突破しました。先日、塗装のクリアが剥げてきたので部分再塗装にだし、この台風の長雨で雨漏りが発覚。昨日からディーラー入りしました。見てくれる人がいる限り、部品も自分で調達して乗り続けようと思っています」など、伊藤と志を同じくするユーザーからの反響や、元整備士というユーザーからの「車にもちゃんと心があるのです。大切に乗っていたら何かトラブルがあっても兆候で教えてくれますし、大切に乗っていなかったらいきなり壊れたりする」と、長く乗り続けるうえでの助言も見られた。

 また、「丁寧に乗られている事もさる事ながら整備士の方の腕も素晴らしいのだろうね」「伊藤さんに花を送ったディーラーさんの粋な心遣いも素晴らしい」「工場長やスタッフさんの心使いが素晴らしい」など、店舗やスタッフへの賛辞もあった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング