若狭氏「疑惑解明を!」元TBS記者准強姦疑惑

Japan In-depth / 2017年7月23日 11時8分

若狭氏「疑惑解明を!」元TBS記者准強姦疑惑

若狭勝(東京10区衆議院議員・元東京地検特捜部副部長)

【まとめ】

・逮捕状失効が逮捕直前に見送られた疑惑は法治主義揺るがす問題。

・中村格刑事部長(当時)に説明求める。

・高輪警察署担当刑事配置換え疑惑含め、政府(菅官房長官・警察庁・国家公安委員会)は説明責任果たすべき。

 

今こそ、国民目線でもう一つの疑惑の解明を!

今、法治国家を揺るがす疑惑が闇に葬られようとしている。

警視庁本部中村格刑事部長(当時)からの指示で、元TBS記者山口敬之氏に係る準強姦罪の逮捕状の執行が逮捕直前に見送られた。その見送りに政治の力が加わったという疑惑の件である。

この疑惑が本当であれば、加計学園問題などとは比較にならないほどの深刻な事態となる。まさしく法治主義を根底から覆すことにもなる。私は、既にfacebookにこの件を一度投稿したが、その後、現職警察官や元警察官、関係者に聴くなどした。

その結果、裁判官が、山口氏について逮捕の理由と必要性を認定し、逮捕状を発付したにもかかわらず、警視庁本部の中村刑事部長(当時)が、その逮捕状の執行をストップすることは、例えば、

【逮捕状の発付後に女性との間で示談が成立した】
【逮捕状の執行が相当でない新たな証拠を発見した】

などの特殊事情がない限り、あり得ないことを改めて確信した。
中村刑事部長(当時)等がこの特殊事情を説明しない限り、この疑惑はますます深まる。この特殊事情を説明できるというのであれば、まずは国政調査権に関連して国会議員の私に近々に説明していただきたい。

ところで、これから述べることも大事です。

このレイプ被疑事件は、その後、検事によって不起訴処分となっています。不起訴処分となっていることから、中村刑事部長(当時)による逮捕状執行の見送り判断がいかにも正しかったものと証明されたという人がいる。

しかし、捜査実務からすれば、それは間違いである。
そもそも逮捕状執行を見送れば、有罪に向けての証拠の収集がより難しくなります。

それは、逮捕して被疑者の自白を迫るということではなく、例えば、一般論として、

【被疑者の知人で事件について将来証人になり得る立場の人は、被疑者が逮捕されれば、証拠が既に相当収集されていると思い、ここで嘘を言えば将来自分が偽証罪に問われると考え、真相を供述します。他方、逮捕されていないとなると、証拠が十分でないと思い、自分の供述如何で被疑者を助けられると考え、真実を供述せず真相をごまかす傾向がある】

のです。

本件の場合、不起訴処分と言っても、【嫌疑不十分】という形での不起訴処分であると思われ、だとすれば、逮捕状の執行が中村刑事部長(当時)によって見送られたため、今述べたような理由等から、有罪に向けての証拠が十分に集められなかった可能性があると思います。

なお、更に重要なことがあります。

当時、高輪警察署で、逮捕状を発付を受けるなど捜査に当たっていた担当刑事が、この事件の捜査から外されて、警視庁から他の県警に配置換えになったという情報があります。

そのようなことがあれば、現場で国民のために頑張っている警察官に対する裏切りであるとともに、この事件を不起訴に向けてもみ消そうとした可能性も生じます。

そうした配置換えの事実の存否についても、政府(菅官房長官・警察庁・国家公安委員会)は、説明責任を果たしていただきたい。

 (若狭勝氏FBより)

トップ画像:©️Japan In-depth編集部

Japan In-Depth

トピックスRSS

ランキング