1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

プラボウォ氏勝利でインドネシアはどこに向かうのか

Japan In-depth / 2024年2月22日 11時0分

プラボウォ氏勝利でインドネシアはどこに向かうのか


宮家邦彦(立命館大学 客員教授・外交政策研究所代表)


宮家邦彦の外交・安保カレンダー 2024#08 


 2024年2月19-25日


 


【まとめ】


・インドネシア大統領選でプラボウォ氏が勝利。政策の方向性は不明。


・同氏はジョコ前大統領の息子を副大統領候補に。ジョコ一家の院政「傀儡」の疑惑も。


・多くの島と人口を抱え、民主選挙を実施し、平和的政権交代が続いていることは評価。


 


今週も世界各地で様々な動きがあったが、まずは先週お約束した通り、14日のインドネシア大統領選挙について書いてみよう。筆者はインドネシアの専門家ではない。そこで同大統領選挙について書かれた内外報道を幾つか読んでみたのだが、当選したプラボウォという政治家のことは、これがどうもよく分からないのだ。


ある日本のインドネシア専門家は同氏を「権力欲は強いが、明確な政治イデオロギーはなく、政策の方向性も示せていない」と評していたが、「なるほど、そういうことか」と思った。大統領選は三度目の挑戦らしい。昔は民主活動家への人権侵害疑惑もあったが、今回は「カワイイ」キャラで若者受けするイメージ選挙に勝利したようだ。


一方、同氏はジョコ前大統領の息子を副大統領候補にしており、ジョコ一家の院政「傀儡」の疑惑も取り沙汰されている。新大統領が権威主義的政治家なのか、大衆迎合主義者なのか、それとも前大統領の操り人形なのか。いろいろ言われているが、要するによく分からない。プラボウォ氏の大統領としての力量は未知数ということだろう。


でも、かくも多くの島と人口を抱えながら、インドネシアがしっかりと民主選挙を実施し、平和的政権交代が続いていること自体は率直に評価すべきだろう。今回も各国から選挙監視団がやって来たが、問題は指摘されていない。どこかの大国では、今でも、2020年大統領選挙は「盗まれた」と騒いでいる輩が大勢いるというのに・・・。


続いて気になったのは、先週開かれた第60回ミュンヘン安全保障会議だ。同会議に出席した米国の友人が興味深い率直な感想を述べている。要するに、昨年はウクライナ戦争について楽観的なムードだったが、今年は様変わり。戦争の行方、NATOの将来、米国の役割などについて極めて悲観的な雰囲気だった、というのだ。


昨年はG7議長国だったこともあり、日本からは外務大臣が出席し、「欧州とインド太平洋の安全保障は不可分」で、日本は「防衛力の抜本的強化、日米同盟の現代化、同志国との連携強化」で、「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」を実現すると述べた。対中警戒感を欧州諸国にも浸透させる上で日本は結構頑張ったと思う。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください