【イタすぎるセレブ達】キム・カーダシアン、「ホットな私を“激太り妊婦”にしたのは、神様のせいよ」

TechinsightJapan / 2014年12月11日 20時55分

写真

(太ったのは神様の仕業?)

人気ミュージシャンとして活躍するカニエ・ウェスト(37)との第一子を昨年出産したキム・カーダシアン(34)は、妊娠期間中に世間も驚く体重の激増を経験。それについて本人が人気誌インタビューで振り返り、「神様が私をあんな体にしたと思った」との珍コメントを放った。

このほどキム・カーダシアンがUK版『ELLE』誌のインタビューにて、妊娠中の激太り騒動に触れてこのように発言した。

「こんな風に思ったわ。『神様が何らかの理由で私を太らせたんだ』って。」
「神様はこう言っていたはず。『キム、お前は自分を超ホットだと思っている。でも私はお前にこんなこともできるんだ』ってね。」
「妊娠して、私の体はクレイジーな状態になってしまったわ。妊娠5か月が過ぎる頃には、もう二度と妊娠なんてしないって誓ったものよ。体が巨大化して、誰かに体ごと乗っ取られた気分だった。」

そう語るキムだが、あの激太りの理由はやはり食生活にあったもよう。長女ノースちゃんの誕生後、キムは妊娠期間中の食生活をこう明かしていたのだ。

「(あの頃欲しくてたまらなかったのは)チーズよ。チリチーズフライとか、とにかくチーズ料理を食べたわ。」

またキムは大の甘党でドーナツなどが好きとも語っており、あの激太りもそういう偏った食事の結果だった可能性が高い。今はスッキリと痩せ自信もついたというキムは、第2子妊娠に向けて子作り中でもある。次の妊娠期にまたしても激しいボディ変化が起こるのか、ファンはそこにも注目している。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング