【エンタがビタミン♪】柏木由紀、太ももに手を入れられる。ドラマ『黒服物語』最終回にファンがショック。

TechinsightJapan / 2014年12月13日 21時25分

写真

ドラマ『黒服物語』の最終回で、AKB48の柏木由紀が演じるキャバ嬢・美樹が太ももの間に手を入れられるという際どい場面が映った。同ドラマでは彼女がキスされるシーンもあったが、今回はさらに過激なものとなった。中にはショックで涙したゆきりんファンもいたようだ。

中島健人(Sexy Zone)がキャバクラの新米黒服・彰役で主演したドラマ『黒服物語』が、12月12日に最終回を迎えた。佐々木希演じるキャバ嬢・杏子と反目するキャバ嬢・美樹役を務めるのがAKB48の柏木由紀だ。彼女にとって今回の見せ場とも言えるホテルでのシーンは、アイドルとしてかなり際どいものだった。

客からアフターで呼ばれた美樹(柏木)は、1人で男の待つホテルへ向かう。高級そうなホテルの一室に男と美樹2人だけだ。「何をしようか?」と言われてカラオケに行こうと誘うが、男は「それでは誰かに見られてしまう」と応じない。すると、彼は右手に持つグラスの赤ワインを故意に美樹の白い服にこぼした。

男は驚く美樹の服を脱がせようとして、ソファーに押し倒すと左手を彼女の太ももの間に差し込んだ。その時、部屋のチャイムが連打される。男が渋々ドアを開けると、そこには顔馴染みの杏子(佐々木)がいた。杏子は「私以外の女の子とアフターするなんて許せない」と男を責めると美樹を連れて部屋を出る。

いつも反目する杏子に危機一髪で救われた美樹は「なぜ?」と問うと、彼女は「仲間だから」と答えた。美樹はキャバ嬢で仲間ができるなんて思いも寄らなかったと感激する。

最終回ではキャバクラ・Julietの存続の危機から、全国のキャバ嬢の動き、そして彰(中島健人)と杏子(佐々木希)の恋の行方が描かれる。柏木由紀演じる美樹も様々な場面で登場するが、このホテルのシーンにはドキドキさせられた。

ツイッターでは「ゆきりんの太ももをさわってるねー」、「足を触られてしまった時、思わず泣いてしまいました。女優するには我慢するしかないんですよね」とつぶやくファンもおり、やはりショックだったらしい。

ちなみに、AKB48の田名部生来はドラマの感想を『田名部生来 Google+』で伝えている。「ゆきりんがすごいいい勢いでビール飲んでて飲みたくなった。くそーぅ」とコメントして、ファンから「たなみんの注目ポイントはそこかい!」と突っ込まれていた。彼女は足のケガで禁酒中なのだ。

※画像は『twitter.com/Yukiriiiin__K』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング