1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【海外発!Breaking News】鼻の穴が無く多毛症の2歳女児、王妃から養子の申し出を受け治療をすることに(マレーシア)<動画あり>

TechinsightJapan / 2023年11月9日 20時55分

写真

このほどマレーシアで、「狼男症候群」と言われる多毛症を患う2歳女児に大きな転換期がやってきたことが話題となっている。女児は顔の毛が異常に濃いために、これまで周りから「動物の子」などと心無い言葉を浴びせかけられてきた。そんな女児のもとにマレーシアの王妃から養子にしたいとのオファーが舞い込んだ。マレーシアのニュースメディア『WORLD OF BUZZ』などが伝えている。

マレーシア、ボルネオ島の町ビントゥルに住むテレサ・グンティンさん(Theresa Guntin、29)が今月1日、Facebookに投稿した内容が注目を集めた。写真には子供たちと写るテレサさんの姿があり、その中に先天性疾患の多毛症を患う末娘のアディク・ミスクライアンちゃん(Adik Missclyen、2)の姿もあった。

アディクちゃんは生まれた時からすでに全身にうっすらとした体毛が生え、鼻の穴が無い状態だったという。鼻の穴は生後2か月の時に手術を受けて普通の子供と同じように息ができるようになったが、多毛症に関してはこれまで十分な治療が受けられなかったこともあり、写真のアディクちゃんは顔全体が完全に毛で覆われていた。

投稿された3枚の写真のうち1枚は、アブドゥラ国王の妃であるトゥンク・アジザ・アミナ王妃からの書状で、「アディクちゃんを養女にしたい」と記されていた。王妃とアディクちゃんの出会いは、今年9月11日のことになる。当時、ボルネオ島を訪れていた国王と王妃を一目見ようとテレサさんは夫のローランド・ジンバイさん(Roland Jimbai、49)と一緒に子供たちを連れて人ごみの中を並んで待っていた。

すると国王夫妻は、ローランドさんに抱かれているアディクちゃんに気づいて声をかけ、王妃はアディクちゃんを愛おしそうに抱っこした。そして、アディクちゃんを抱いたまま記念撮影に応じた。この時、ローランドさんとテレサさんは信じられない気持ちだったという。



当時、アディクちゃんと王妃について、地元だけでなく海外のメディアも伝えるほど人々の関心を集めた。それから2か月ほど経った10月31日のこと、ローランドさんはサラワク州の女性・児童・地域福祉開発局のファティマ・アブドゥラ大臣から書状を手渡されたという。

書状は10月10日の日付で、多毛症を抱えているアディクちゃんを自分の養女として迎え、治療費と教育費を援助したいといった王妃の意向が記されていた。さらに書状には、「この申し出によって、アディクちゃんの養育費や治療などのご両親の負担が軽減されることを願っています」とあった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください