【エンタがビタミン♪】和田アキ子に失言? MCの小堺一機が肝を冷やす。

TechinsightJapan / 2014年12月17日 20時55分

歌手の和田アキ子がバラエティ番組『ライオンのごきげんよう』に初出演を果たした。オープニングから“初出演!あの巨人がやってくる!”の横断幕や映画『ジョーズ』のBGMなどで歓迎された和田は、MCの小堺一機に「いいのか、これで?」と詰め寄る。その後も恐る恐るトークを進める小堺だったが、和田アキ子への禁断のNGワードをポロリと口にしてしまったのだ。

今年、30年目に突入した『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)では、12月16日の放送で和田アキ子をゲストに迎えた。実は彼女の冠番組『アッコにおまかせ!』も30周年なのだ。小堺一機から祝福された和田は「他局のことを褒め称えるって良いことだね」と感激し、「何かの時に“ごきげんよう”って言ってみる」と宣言。冒頭では“あの巨人”と迎えられて小堺に迫った和田だが、上機嫌でトークに入った。

ところが、和田が「この歳になって、趣味も何も無いので、この仕事ができなくなるとどうしていいか分からない」「最近、これからどうしようと考える…」と不安を明かした時だ。小堺が「歌手をもし辞めるとなった時に“俺”…私、どうしようって…」と言い間違えたのだ。「“俺”じゃねえだろう!」と和田からすごまれた小堺は、身の危険を感じて後ずさりしたほどだ。やがて「座れよ!」と言われて席に戻った小堺はトークを再開する。

しばらくは和やかに進んだが、和田がガラケーからスマホに代えた話になり「スクロールしても動かないのよ」と明かした。すると小堺は、「たぶん、和田さんの指が大きいので…」とスクリーンに入らずスクロールできないところを手振りで示す。またしても和田から「なんなんだよ!」と睨まれて、逃げ出すことになった。

そんな調子の和田アキ子も、“芸能界を辞めたいと思った”話題では涙ぐむ場面があった。彼女は若い頃から「男っぽい、女らしくない」と言われながらも子どもが大好きで、「どんなことがあっても産みたい」と思っていたという。ところが結婚して3か月ほど経った頃に子宮ガンが判明し、医師からは全摘出すれば命は助かると診断されたのだ。和田は辛い過去を明かしながら、「涙が出そう…」と目を潤ませていた。

夫に事情を話して別れを告げたものの、「俺はアッコの歌が好きだし…」と言ってくれたことから離婚は回避。そして全摘出手術を受けたのである。だが当時、ガンは不治の病とのイメージがあったことから、会社から“ガン”と言うのを止めて欲しいと言われ、彼女は仕方なく“子宮筋腫”と公表した。一方で、子宮筋腫で全摘出することはまず無いため医師からは「本当のことを言ってください」と言われたそうだ。和田は「そうなった時に芸能界を辞めたいと思った。何で芸能人としてある前に、女性として見てくれないのだろう」と当時の心境を明かしている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
テックインサイト

トピックスRSS

ランキング