【イタすぎるセレブ達】アヴリル・ラヴィーン、自身の“リハビリ施設入りの噂”を笑い飛ばす。

TechinsightJapan / 2014年12月24日 21時55分

写真

(現在のアヴリルの様子は…?)

先日、体調が万全ではないことをファンに明かし「どうか私のために祈って」とのリクエストでメディアを心配させたカナダ人歌手アヴリル・ラヴィーン(30)。そのアヴリルにつき、リハビリ施設に入ったのではないかという噂が浮上したのだが…。

このほどアヴリル・ラヴィーンはTwitterにてクリスマス写真を公開。その後以下のようにつぶやき、心配するファンたちを安心させた。

「私がリハビリ治療を受けているっていう噂には、笑っちゃう!」
「私が依存しているものは、ただ一つ。それはビング・クロスビーよ。」

またアヴリルは「みなさん、楽しいクリスマスを! おやすみなさい!」とも記したが、先日自らがネット上で認めた体調不良については触れずじまいであった。

ちなみにリハビリ治療説は米タブロイド発の噂で、そこには“内輪で広まっている話”としてこのように書かれていた。

「アヴリルは、うつと薬物乱用でリハビリ施設に入っていると噂になっていますよ。(夫チャド・クルーガーとの)結婚生活に問題がいくつも生じ、精神的にかなり参っていました。苦しみから抜け出そうと、アヴリルはパーティにはまったのです。」

チャド本人はアヴリルとの不仲説を一蹴していたが、最近になってもアヴリルとのツーショットは確認されておらず、「どうなっているのか」という声はますます増えるばかりだ。来年こそはこの夫婦の明るいニュースを期待したいが、離婚報道が飛び出す可能性も否定はできない。

※画像は、twitter.com/avrillavigneのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

テックインサイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング