1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 海外・セレブ

【イタすぎるセレブ達】ヘンリー王子夫妻、暴露本についてのコメントを求められる「耳をつんざくような沈黙だ」

TechinsightJapan / 2023年12月3日 10時56分

写真

英王室に関する暴露本のオランダ語版が人種差別論争を引き起こす中、ヘンリー王子とメーガン妃はいまだに沈黙を守っている。今回の件に対し、王室に近い人物は夫妻が発言をするべきだと呼びかけたほか、王室コメンテーターはチャールズ国王とヘンリー王子の関係が「修復不可能なほどこじれたのでは」と懸念している。

オミッド・スコビー氏著による暴露本『Endgame(原題)』のオランダ語版で、生まれてくるアーチー君(当時)の肌の色を懸念した王室メンバーが、チャールズ国王とキャサリン皇太子妃であると記載されていたことが明らかになり、オランダの出版社が急遽発売を中止した。

ヘンリー王子夫妻は2021年にオプラ・ウィンフリーのインタビュー番組に出演した際、メーガン妃が妊娠中、ある王室メンバーが生まれてくるアーチー君の肌の色の濃さを懸念したとの爆弾発言をした。しかし夫妻は、その人物が誰であるかは決して語らなかった。

オミッド氏による同著によると、インタビュー番組出演後にメーガン妃がチャールズ皇太子(当時)に宛てた手紙で、当時の“会話”にはもう1人の人物が参加していたことを綴っていたという。

そして発売中止となったオランダ語版のみに、その人物が「チャールズ国王とキャサリン皇太子妃」であると記されており、その内容が暴露されると英国内では大きな論争が巻き起こった。



このような渦中でありながら、ヘンリー王子夫妻は今も沈黙を続けている。王室に近い関係者はそんな夫妻に対し、自身の親族を守るために何らかのコメントを発すべきだと呼びかけた。

英メディア『The Telegraph』が現地時間1日に報じたところによると、同人物は「かつて『ノーコメントにより、じわじわと破滅させられる』ということについて語った夫妻が、この時点で黙り込んでいる」述べたそうだ。

そして「これは『耳をつんざくような沈黙』なのです」と表現し、人々がヘンリー王子夫妻のコメントを期待して耳を澄ましている状態であることを示唆した。

さらに、ヘンリー王子夫妻を知る関係者は同メディアの取材に対して、「メーガン妃は2人の名前を公にするつもりなどありませんでした」と主張し、「彼女の陣営の誰かが、オミッド氏にリークしたということもありません」と陰謀説を否定した。

一方、王室メンバーが生まれてくる赤ちゃんの肌の色を懸念する“発言”をしたことについて、英国の著名人達は王室側を擁護する姿勢を見せている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください