【エンタがビタミン♪】三浦春馬、GI観戦で大興奮! 1位のホッコータルマエを予想していた。

TechinsightJapan / 2014年12月29日 19時0分

写真

2014年も残すところ2日。今年1年を締めくくるダートレースの総決算「東京大賞典(GI)」が開催され、大勢の競馬ファンが集まった大井競馬場は寒空を吹き飛ばすような熱気で満ち溢れ、イメージキャラクターの三浦春馬が駆けつけると会場は最高潮に達した。

29日、東京・大井競馬場にて東京シティ競馬(TCK)2014年トゥインクルレース 2014年ダート馬NO.1決定戦「東京大賞典(GI)」が開催された。表彰式には「夜遊びしようぜ。」のキャッチコピーが評判、TCKのCMに出演している三浦春馬がプレゼンターとして登壇した。優勝したホッコータルマエの騎手・幸英明氏をはじめ関係者に三浦から花束が贈呈された。



レース後、登壇した三浦は「ホッコータルマエが勝つかな?と思っていた」と明かす。昨年の記録2分6秒を3秒上回るタイムで優勝したことに「すごいな」「興奮しました。いい経験をさせてもらいました」と興奮しながら語った。



今年イメージキャラクターを務めた三浦だが、それまで競馬場に来たこともなかったという。「この一年を通して、大井競馬場で他では味わえない感動や記念のショーで色々なストーリーも知ることができ、本当に心温まる思いがした。ありがとうございます」と振り返った。「競馬ファンとしてはまだまだ未熟だけれど、これから競馬のこと、競馬に関わっている先人たちのエピソードも踏まえて色々勉強させてもらればと。大井競馬場、競馬を温かくそして力強く応援していただければと思っています」と競馬ファンへ一言一句選びながら伝えた。

優勝したホッコータルマエのように来年もまたさらなる飛躍、駆け抜けて行く年になるであろう三浦春馬の活躍を期待したい。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング