【エンタがビタミン♪】博多華丸・大吉の『THE MANZAI』でのネタ選び、あの大物アーティストが後押ししていた!

TechinsightJapan / 2014年12月31日 14時25分

博多華丸・大吉の優勝で幕を閉じた『THE MANZAI 2014』。彼らのネタでは“博多弁”がよく使われていたが、その構成でいくことを決意させたのはあの大物アーティストからのメールだったという。

12月28日放送の『華丸・大吉の2014今年はなんしよったと?』(テレビ西日本)の中で、博多大吉が『THE MANZAI 2014』のネタ選びについて語った。

番組の収録が大会の2日前だったため、大吉は「最後のオチとかもまだ決めてないです」とやや不安そうに口にした。しかし“博多弁”を使ったネタを披露することは決まっており、そのきっかけとなった出来事を明かした。

話は、11月30日に放送された『笑点』までさかのぼる。同放送回は福岡放送(FBS)開局45周年記念として、福岡県のキャナルシティ劇場が会場であった。演芸コーナーでは、華丸・大吉が地方ネタを織り交ぜながら博多弁全開で漫才を披露した。

会場は大きな笑いに包まれていたのだが、番組のオンエアを見た大吉は「ちょっと大丈夫かな」と福岡色が強いネタ構成に不安を覚えたそうだ。『THE MANZAI』についても、どんなネタをするのか考えることを一旦やめていたという。そんな時、井上陽水から、きらびやかな絵文字とともに以下のようなメールが届く。

「『笑点』観たよ。めっちゃ面白かった」

大吉は同郷の大先輩からの温かいメッセージを読み、「これでやろう」と博多弁を使ったネタでいくことを決意。そして『THE MANZAI』本番で見せた2本のネタ(「YouTuberになりたい」「宴会の抜け出し方」)は審査員・視聴者ともに大きな笑いを誘い、華丸・大吉は見事優勝を勝ち取ったのだ。

大吉が水曜レギュラーとして出演している『たまむすび』(TBSラジオ)では、2013年8月28日に陽水がゲスト出演したことがあった。「歌をやってる井上です」と洒落の効いたあいさつで登場した陽水は、娘の依布サラサがお世話になっていることやテレビでの活躍を踏まえて「大吉先生」と呼び、大吉を恐縮させていた。

その後もめったに話さない私生活について口にするなど、陽水は大吉を前にいつになく気兼ねなくトークをしていた。そんな陽水からのメールが、博多華丸・大吉の大一番でのネタ選びに貢献していたのだ。
(TechinsightJapan編集部 TORA)

テックインサイト

トピックスRSS

ランキング