1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 海外・セレブ

【イタすぎるセレブ達】ジェニファー・ロペス、近未来的な衣装で登場 夫ベン・アフレックが“バットスーツ”絡みのジョーク飛ばす

TechinsightJapan / 2023年12月8日 13時16分

写真

ジェニファー・ロペスが、夫ベン・アフレックとともに米ハリウッドで開催されたイベントに出席した。ジェニファーは、メタリックなブレストプレート(胸当て)が付いた近未来的な衣装を纏い、レッドカーペットに登場した。この姿にファンは「驚くほどに美しい!」と称賛の声をあげたが、一方で「車のバンパーの破片だ」「頭からアルミホイルを被せたみたい」とジョークにするコメントも見受けられた。ベンもこの衣装に対し、映画でバットマン役を演じた時にバットスーツを着たことが「フラッシュバックした」と冗談を述べていた。

ジェニファー・ロペスが現地時間5日、米ロサンゼルスで開催された「Elle’s Women in Hollywood 2023」に出席した。

米ファッション誌『Elle』が主催するイベントは、クリエイティブで文化的な貢献をした9人の注目すべき女性達を称えるものだ。

受賞者の1人であるジェニファーは、夫で俳優兼映画製作者のベン・アフレックと会場のレッドカーペットに現れた。この日、ジェニファーはまるで鎧のようなブレストプレートがついた、近未来的な衣装を纏って登場した。

この衣装は、シンガポール出身で米ニューヨークを拠点に活動するファッションデザイナー「Grace Ling(グレース・リン)」が2024年春夏プレタポルテ・コレクションで発表したものだ。

クロムメッキのブレストプレートはジェニファーの肩や胸のラインに沿って彫刻されたクロップ丈で、その下からはアンダーバストと鍛え上げた腹筋が見えている。肩から紐で着用するため、背中全体が露出した大胆なデザインだ。

そしてボトムスはウエストラインがカーブを描いたマキシ丈の黒いスカートを合わせており、身体にフィットした美しいシルエットを描いている。さらに、サテン生地の黒いプラットフォームパンプスを履き、同色のクラッチバッグを持っていた。

ジェニファーはロングヘアをお団子にまとめ、クリスタルが煌めくシャンデリア・イヤリングを着けていた。



隣に立つベンは白いシャツに黒いネクタイを締め、ダブルブレストのブレザーとストレートパンツを合わせた、黒いベルベット生地のスーツを着用していた。

夫婦はレッドカーペットに立つと、カメラの前でキスを交わすなど仲睦まじい様子を見せていた。



ジェニファーが自身のInstagramでレッドカーペットに立つ姿を公開すると、フォロワーからは「今夜で最高のルック! 悩殺クイーン」「驚くほどに美しい!」「綺麗だね」「アイコニック」と称賛の声が続々と届いた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください