1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

【エンタがビタミン♪】あぁ~しらき、『THE W』前回の“放送事故”扱いから評価一転 東野幸治も「最高でした」と賛辞

TechinsightJapan / 2023年12月11日 14時42分

写真

9日に行われた“この世で一番オモシロイ女性”を決める祭典『女芸人No.1決定戦 THE W』で、7代目女王に輝いたのはお笑いコンビ・紅しょうがであった。5度目の決勝進出でやっと手にしたトロフィー、紅しょうがの熊元プロレスは「今日がクリスマスや」と喜び、相方の稲田美紀は「これからもよろしくお願いします」と涙を流していた。その一方、今大会で大きな爪痕を残したのが、“妖怪角刈りおばちゃん”ことピン芸人のあぁ~しらきである。

『女芸人No.1決定戦 THE W』が始まったのは2017年、初代女王の座を掴んだのはピン芸人のゆりやんレトリィバァだった。その翌年2018年にあぁ~しらきは初めて同大会の決勝に進み、ファーストステージでゆりやんレトリィバァを破り、最終決戦に進んだ。だが、あぁ~しらきが“女”と書かれた貝殻のブラジャーと“男”と書かれた赤ふんどし姿で、「男かな? 女かな?」と囃し立てながらコントを披露すると会場が異様な空気に包まれ、最終決戦の5組中最下位という結果だった。これを見ていたナイツの塙宣之は、翌日のラジオ番組で「久々に放送事故を見ましたよ」「凄かった」と妙な感心をしていた。またネット上でも、「放送事故レベル」「なんて言っていいのか、わからないヤバさ」と困惑した声が多かった。



それから5年、今回の初戦も前回と同じゆりやんレトリィバァが相手である。あぁ~しらきの「男なのか、女なのか」というテーマは変わらないが、今回は貝殻ブラジャーの代わりにラメの“角”と文字が入った特注の腹掛け、カツラではなく地毛を角刈りにして登場した。そして結果は2018年と同じくゆりやんレトリィバァを破ったものの、次の対戦相手となったぼる塾には勝てなかった。しかし、見る者に忘れられないほどのインパクトを与え、ネット上では「あぁ~しらき今年一番笑いました。なんで優勝してないんだ」「しらきさんのネタ、ゲラゲラ笑った」「昨日のTHE Wのあぁ~しらきは本当に大笑いしたし、なんか元気出たよね」と大好評だったのだ。



このあぁ~しらきのファンである東野幸治は、自身のYouTubeチャンネル『東野vs』に何度もゲストとして彼女を招いている。車の中でインタビューしたり、あぁ~しらきに動画の編集や文字入れを教えてもらったり、ランチでカレーを一緒に食べに行ったりしているのだが、どんな時も彼女は角刈りのかつらを被り、貝殻のブラジャーと赤ふんどし姿だった。だが、話し始めると面白いだけでなく、知性的で育ちの良さが感じられるなど、あぁ~しらきの新たな魅力が発見できる動画になっている。東野は今回の『THE W』の結果を受け、Xで「あぁ~しらき最高でした。優勝しなくてよかった!」と投稿した。大のお気に入りの彼女が優勝して売れっ子になり、『東野vs』のゲストに出演しづらくなってしまうのを心配していたようだ。

画像2~4枚目は『あぁ~しらき 2023年12月10日付Instagram「エアーハムスターVS妖怪角刈りおばちゃん」、2023年7月20日付Instagram「東野さんのYouTubeチャンネル『東野VS』に出させて頂きました!!」』『オダウエダ 植田 2023年12月9日付X「THEW2023 ほんまに最高のたいかいでした!!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください