1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 海外・セレブ

【イタすぎるセレブ達・番外編】英王室に新たな打撃 エドワード王子もしばらく公務から離れる

TechinsightJapan / 2024年2月2日 7時47分

写真

チャールズ国王(75)の弟であるエディンバラ公エドワード王子(59)が、王室公務を休んでいることが明らかになった。王子は1月に海外ツアーから帰国後、公務を行っておらず、今月8日までスケジュールは空白のままだ。現在、英王室ではチャールズ国王、キャサリン皇太子妃、ウィリアム皇太子がしばらく公務から離れている。さらにエドワード王子が休暇を取ることで、主要な王室公務はカミラ王妃、アン王女、エドワード王子の妻ソフィー妃に委ねられるもようだ。

1月に入院したチャールズ国王とキャサリン皇太子妃は、すでに退院して自宅に戻ったものの、回復するまで王室公務には復帰しない予定だ。ウィリアム皇太子も皇太子妃や3人の子ども達をサポートするため、しばらくの間は公務を減らすという。

英王室ではアンドルー王子がスキャンダルのため公務を退き、ヘンリー王子夫妻が王室離脱するなど、現役の上級メンバーが減少している。さらにチャールズ国王は即位後に王室のスリム化を進めており、公務を行う王族が限られてきた。

そして今回、王室上級メンバー3人が公務を延期するという異例の事態になったことに加え、エディンバラ公エドワード王子も公務を休むという大打撃を受けたのだ。

英メディア『The Telegraph』が現地時間1月30日に報じたところによると、エドワード王子は海外ツアーから帰国した後、公務からしばらく離れているという。

王子は1月23日から4日間にわたり、英連邦国の南アフリカと英領土のセントヘレナ島を公式訪問し、多忙なスケジュールをこなしていた。

英王室では海外ツアーなどを終えた後、短い休暇を取るのが習慣だ。王室の公式ウェブサイトによると、エドワード王子は2月8日、英ロンドンの物理学研究所でのレセプションとホテル「The Savoy」でのタレント・ショーケースに出席する予定で、それまでスケジュールは入っていない。

チャールズ国王、キャサリン皇太子妃、ウィリアム皇太子に加え、エドワード王子が休暇を取る間、王室の砦を守るのはカミラ王妃、アン王女、ソフィー妃の3人に委ねられるだろうと『The Telegraph』が伝えている。

エドワード王子がしばらく公務を休んでいることに気付いた人々からは、ネット上にこのような声があがっている。

「エディンバラ公は連日の公務に加え、世界中を飛び回っている。ゆっくりと休んでください。」
「何事もないと良いんだけど。これは予想外かも。しばらく休んで充電できるよう、祈っています。」
「彼が無事であることを願っている。王子と妻ソフィー妃は最近、海外出張も多かった。とてもハードに働いていたから。」
「チャールズが王室をスリム化しようとしても、実際には上手くいかなかったようだね。」
「少しばかり、休暇が必要なだけであることを願ってます。」

画像は『The Royal Family 2023年7月7日付Instagram「A huge thank you to HRH The Duke of Edinburgh,」、2024年1月27日付Instagram「More from The Duke of Edinburgh’s visit to St Helena!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください