1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 海外・セレブ

【イタすぎるセレブ達】テイラー・スウィフト、自家用ジェットの飛行ルートを投稿され「訴える」と警告 ファンからは投稿者を擁護する声も

TechinsightJapan / 2024年2月8日 14時47分

写真

現在、東京ドームで来日公演を開催中の歌手テイラー・スウィフトが、米フロリダの大学に通う学生に「ストーカー行為および嫌がらせ行為」で訴えると警告していたことが明らかになった。この大学生は、テイラーのプライベートジェットの飛行ルートなどを自身のSNSアカウントから投稿し続けていたが、すでに公開されているデータを投稿していただけということもあり、ファンからは大学生を擁護する声もあがっている。

テイラー・スウィフト(34)は、現地時間4日に米ロサンゼルスで開催された「第66回グラミー賞授賞式」で、自身のアルバム『Midnights』が最優秀アルバム賞を獲得し、同部門過去最多の4回目の受賞が話題となったばかりだ。またプライベートでは、恋人でNFL選手のトラヴィス・ケルシー(34)が所属するカンザスシティ・チーフスがスーパーボウルへの出場権を獲得するなど、めでたい話題が相次いでいる。しかし一方で、ある大学生の活動が生死にかかわる問題だとして、テイラーの代理人から「法的措置を取る」という警告があったことが分かった。

警告を受けたのは、セントラルフロリダ大学に通う男子学生ジャック・スウィーニーさん(Jack Sweeney、21)で、自身が保有するいくつかのSNSアカウントからテイラーやカイリー・ジェンナーらセレブや政治家など著名人のプライベートジェットの飛行ルートと、それに伴う環境汚染ガス排出量などを発信していた。

ジャックさんは実際の飛行の翌日に飛行ルートを投稿し、使用しているデータも公表されているものを使用しているが、X(旧Twitter)を所有するイーロン・マスク氏が、飛行データをもとに暗殺される危険性があると訴え、2022年にジャックさんのアカウントを凍結していた。

そしてイーロン氏に続き、テイラーの弁護士も昨年12月下旬、ジャックさんに「投稿をやめないと訴える」と警告した内容の手紙を送っていたことが明らかになった。手紙には、ジャックさんの投稿によりテイラーや彼女の家族の安全が危険に晒されているとし、やめなければ法的処置を求めざるを得ないと記載されていたという。

米メディア『AP通信』は先月、マンハッタンのトライベッカ地区にあるテイラーの自宅前で、ある男がストーカー行為と嫌がらせで逮捕されたと報じたが、テイラーの広報担当者は電子メールで米メディア『TODAY』に「現在進行中の警察の捜査についてはコメントできないが、ストーカーのタイミングがテイラーの位置情報を共有しているジャックさんのアカウントとの関連性を示唆している」として、「彼の投稿からは、彼女がいつ、どこにいるのかが正確に分かります」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

複数ページをまたぐ記事です

記事の最終ページでミッション達成してください