【イタすぎるセレブ達】『フルハウス』続編に、“レベッカ”も出演する決意。

TechinsightJapan / 2015年5月29日 10時35分

写真

(『フルハウス』ファンは歓喜!)

放映終了から20年にして、今も多くの国々で愛されている米ファミリードラマ『フルハウス』。その続編の制作が決定し、局側は多くのオリジナルキャストを確保すべく交渉中だ。“末っ子ミシェル”を演じたアシュレー&メアリー=ケイト・オルセン(28)は出演しない決断を下したが、“レベッカ”を好演した女優ロリ・ローリン(50)は「出ることにした!」と決意を明かした。

このほど『フルハウス』の“レベッカ”ことロリ・ローリンがTV番組『Good Morning America』に出演し、続編『Fuller House』に出演するとしてこのように述べた。

「他の(オリジナル)キャストと出演できるなんて、素晴らしいわ。」
「とても楽しくなるでしょうね。私達は第1エピソードに出て、後はチョコチョコと顔を出すことになるかもね。」



またオルセン姉妹が出演を断ったことにつき、ロリはこう胸中を明かした。

「出演してくれたら、私達も嬉しかったんだけど…。(姉妹の出演が)実現したら良かったのに。でも(決断は)理解できるわ。」

ちなみにパパ役を好演したボブ・サゲット(59)はまだ出演するか否かを明かしておらず、“ジョーイおじさん”ことデイブ・クーリエ(55)はリユニオンエピソードに出演するもよう。“ジェシーおじさん”ことジョン・ステイモス(51)は番組のプロデュースにも関わり、ドラマそのものにも顔を出すという。

※画像は、『Instagram loriloughlin』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング