【エンタがビタミン♪】松井玲奈と吉木りさ。誕生日が同じ2人が共演に感激「ハッピーMAX」、「大天使レナエル」

TechinsightJapan / 2015年7月17日 16時0分

写真

タレントの吉木りさがSKE48・松井玲奈とのツーショットをInstagramに投稿。「ただただ愛しております…」「れなさま」「大天使レナエル」と感激を表した。一方の松井玲奈も「りっちゃん。久しぶりにお会いできて幸せなハッピーMAXでした」とツイッターでつぶやいており、感慨深げだ。

吉木りさは1987年7月27日生まれ、松井玲奈は1991年7月27日と生まれ年は違うものの誕生日が同じこの2人、趣味もアニメ好きと気が合う。吉木が7月16日に『吉木りさ risayoshiki0727 Instagram』で公開したツーショットの表情がどこか硬く見えるのは、嬉しさを通り越して感動したからではないだろうか。

松井も『松井玲奈(renampme)ツイッター』で再会を喜んだところ、「毎年7月27日はハピバメッセージ交換しあったりするんですか?」など2人の誕生日が近いことを祝福するコメントも届いた。

吉木が松井を「#大天使レナエル」と表現したことについては、「大天使ミカエルになぞらえてレナエルなんだ(笑)」「大天使レナエルとは知らなかった! ありがたや…」「大天使レナエルがとても気になりますが、そっとしておきます(笑)」など反響があり、あるいは松井玲奈の呼び名に仲間入りするかもしれない。

ただ、インターリンクによる2015年の『第10回あなたが選ぶオタク川柳大賞』で16位に入選した「中二病 治ス藥ガ 見附カラズ」の作者が“大天使レナエル”を名乗っており、吉木りさがそれを知っているのか気になる。

写真にはテレビの画面に『アニマゲー』が映っていることから、西川貴教と松井玲奈がMCを務めるアニメ・ゲーム・マンガの総合情報番組『AniMaGa(アニマゲー)』(MBS、TOKYO MX、NOTTVなど)で共演したようだが、吉木りさによると「#放送結構先だよ」とのこと。目に出来るのは2人の誕生日を過ぎてからとなりそうだ。

※画像は『吉木りさ risayoshiki0727 Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング