【エンタがビタミン♪】有吉弘行、藤田ニコルのスッピンに上手くツッコめず反省。「吐きそうになっていた」

TechinsightJapan / 2015年7月28日 21時55分

写真

まさに“真夏”の気候となった今月、全国各地では猛暑日が相次いでいる。この時期、熱中症や夏風邪などに注意しなければならないが、有吉弘行も夏バテからくる食あたりでダウンしてしまった。だが現在テレビに引っ張りだこの有吉、仕事を休むわけにもいかず番組収録に臨んだが、その途中で壮絶な吐き気に見舞われることに。しかもそれがギャルモデル・藤田ニコルのスッピン披露のタイミングだったという。

26日に放送されたJFN『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』の中で、現在女子中高生に人気のモデル・藤田ニコルについて触れた有吉。とある番組で一緒に仕事をした時のことを明かした。

その当日、夏バテが影響したらしく食あたりになってしまった有吉は下痢と嘔吐が続いているまま収録に臨んだという。収録では“藤田ニコルがスッピンになる”という企画があったが、そのタイミングで有吉の体調不良はピークに。トイレに行くこともできず、口を押さえ脂汗をダラダラかく状況に陥ってしまったのだ。

このままだと“藤田のスッピンを見て嘔吐する”という絶妙なタイミングになってしまう。かつて某番組の生放送で同様の事態に陥った有吉は、嘔吐物をポケットに入れその場を凌いだという。今回も同様にごまかそうと思ったそうだが、幸運にも嘔吐しないまま番組は終盤に。あとは藤田の顔を見て周囲が感想を言うだけ、というタイミングで藤田が「一番正直な有吉さんに意見を聞きたい」と有吉を指名した。

普段であれば鋭い指摘をしてスタジオを盛り上げるところだが、吐くか吐かないかギリギリだったそうだ。有吉は「良いじゃん…」と言葉を発し、コメントは終了。藤田も有吉の意外な反応にきょとんとしていたらしい。

「あれ、藤田ニコルちゃんに悪いことしたなあ」と反省した有吉だが、もし話を振られた瞬間に嘔吐していたら“大事故”になりかねない。くれぐれも体調管理には気をつけたいものである。
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング